地域情報ブログ

企業2023.05.24

ラピダス 東会長・小池社長が登壇|千歳市にて事業・工事計画説明会に参加してきました!

こんにちは。リージョナルキャリア北海道のコンサルタント、笹本です。

今回は、2023年5月22日に千歳市で開催されたラピダス株式会社の事業・工場計画説明会に参加してきましたので、その模様をお伝えします。

「北海道における次世代半導体プロジェクト説明会及び工事計画等説明会」開催!

1.jpg

(※筆者撮影)

今回の説明会は、ラピダス、北海道庁、千歳市が共同開催した初めての説明会。当初1,000名の定員でしたが、1,400名以上の参加希望があったそうで、大ホール(約1,000名)に加えて中ホール(約400名)がサテライト会場として設置された他、Zoomでのライブ配信も行われました。

これは当日の会場の様子ですが、空席がなく満席の状態。会場後方には、立ち見の人もいるほどでした。私も開催30分前に到着し、なんとかメインの大ホールにて聴講することができました。

2.jpg

(※筆者撮影)

とくに今回は、ラピダス関係者から直接プロジェクトや工事計画の詳細が語られるということで、私自身もそれを楽しみに参加してきました。

早速、冒頭の開会挨拶でラピダス 東会長が登壇。

印象的だったのは、かつて「鉄は国家なり」と言われていた時代から、鉄が石油に代わり、そして石油が半導体へと変化したという話です。

「半導体の開発・製造に後れを取っている今の状況下で、ラピダスプロジェクトは日本にとって最大の機会であり、北海道で半導体産業のフロンティアをつくりたい」という力強い言葉で説明会がスタートしました。

初お披露目 ラピダス千歳工場「IIM」の完成イメージ

当日とくに会場の注目を集めていたのが、小池社長と清水専務から発表された千歳工場の工事計画。今までどのような工場になるのか全貌が明らかになっていませんでしたが、今回の説明会では、いよいよ工場の完成イメージが発表となりました!

3.png

(※画像引用:北海道新聞 「ラピダス次世代半導体プロジェクトの全貌 千歳説明会詳報 │2023年5月23日

写真を見てわかる通り、従来の半導体工場とは異なる外観で、自然と調和するような設計になっています。自然豊かな北海道(千歳)の地に馴染むように、自然とのマッチングは工事計画のなかでも重要な要素の一つとなったそうです。

また、外観だけでなく、環境に優しい工場を目指して建物には環境配慮型のコンクリートが使用され、二酸化炭素の排出量は40%削減される予定とのことでした。

なお、工場の名称は「IIM(イノベーティブ・インテグレーション・フォー・マニュファクチュアリング)」で、今後あらゆる分野において需要の増加が見込まれる「2nm(ナノメートル)」の半導体の量産化を手掛ける「IIM-1」と、"ビヨンド2nm"を目指す「IIM-2」が建設予定となっています。

その広さは、工場用地である工業団地 千歳美々ワールドがおよそ札幌ドーム12個分(65ヘクタール)とのことで、圧倒的な規模感ですね。

工事スケジュールについては、来月(2023年6月)から造成工事が始まり、2023年9月に本格的に着工開始予定。来年2024年3月にようやく建物が見え始めてくるイメージのようです。

(ちなみに、弊社ブログでは、完成までの工場の建設状況も適宜情報発信できたらと思っています。皆さんご注目ください!)

苫小牧・千歳・札幌・石狩を繋ぐ「北海道バレー」構想?

説明会でもうひとつ注目を集めていたのが、小池社長から語られた「北海道バレー」構想です。

これは、このたびのラピダスの参入を皮切りに、北海道と協力しながら、日本版シリコンバレーともいえる「北海道バレー」の実現を目指す、というもの。

具体的には、重要な港湾を持ち海底ケーブルとつながる苫小牧市、ラピダス建設予定の千歳市、道内でもIT企業が集まる中心都市である札幌市、再生可能エネルギーを使ったデータセンターができる石狩市を線で結び、関連産業の集積を図る、というイメージのようです。

同様の話が、北海道の鈴木知事や土屋副知事からも出ていました。

4.png

(※Google Mapにて筆者作成)

このエリアを中心にさまざまな分野でデジタル化を進め、北海道のデジタル産業を面的に広げていく、とのこと。それに伴ってさらなるエンジニアのニーズの高まりも期待できそうです。

「北海道バレー」構想に関しては、北海道が今年の夏までに方向性をまとめるようなので、続報がでてきましたら、また皆さんに情報発信させていただきます。

以上、千歳市のラピダス事業・工事計画説明会のレポートでした!

▼関連記事

ラピダス進出 道内製造業へのインパクトは?北海道機械工業会主催セミナーに参加してきました!-U・Iターン転職ならリージョナルキャリア北海道
thumbnail
北海道へのU・Iターン転職を支援するキャリアコンサルタントがお届けする地域情報・キャリア情報ブログです
https://rs-hokkaido.net/staffblog/hokkaido_20230518.html
次世代半導体製造 ラピダスの工場建設地・千歳市でセミナーに参加してきました!-U・Iターン転職ならリージョナルキャリア北海道
thumbnail
北海道へのU・Iターン転職を支援するキャリアコンサルタントがお届けする地域情報・キャリア情報ブログです
https://rs-hokkaido.net/staffblog/hokkaido_20230428.html

▼北海道専任のコンサルタントへのキャリア相談はこちら

個別キャリア相談会 開催一覧

▼北海道の公開求人はこちら

北海道求人 一覧

この記事を書いた人

チーフコンサルタント 
笹本 香菜

バックナンバー

企業

2024.05.31

【企業紹介】気球による宇宙遊覧フライトの商業運航を目指す「株式会社岩谷技研」の求人情報

こんにちは。リージョナルキャリア北海道のコンサルタント、新井太樹です。 今回は、江別市に本社・開発拠点を持つ宇宙ベンチャー企業「株式会社岩谷技研」の求人を紹介します。 ※情報参照:岩谷技研HP、 PR TIMES/株式会社岩谷技研 この投稿をInstagramで見る

企業

2024.05.30

Rapidus株式会社(ラピダス)の北海道千歳勤務(リモート含む)求人まとめ

こんにちは。リージョナルキャリア北海道のコンサルタント、新井太樹です。 以前からブログでも紹介させていただいており、Rapidus(ラピダス)社の採用に関して、多くのお問合せをいただいております。 これから北海道において採用が活発化するRapidus社の求人一覧をまとめましたので、ご応募を考えられて

企業

2024.04.08

【企業紹介】地域と共に歩む、コープさっぽろの改革スピリットとDX推進

こんにちは。リージョナルキャリア北海道のコンサルタント、宮崎です。 「コープさっぽろ」と聞くと、地元の多くの方はまずスーパーを思い浮かべることでしょう。 実際、帝国データバンク北海道支店(*1)によると、コープさっぽろはの2007年~2019年まで北海道のスーパーストア売上高ランキング13年連続「第

その他

2024.03.29

【現地レポート】上士幌町の先端技術を駆使したまちづくりの現場を見てきました

こんにちは。リージョナルキャリア北海道のコンサルタント、千葉です。 先日、上士幌町にワーケーションに行ってきました。 2月に実施した斜里町ワーケーションと同様に、北海道上士幌町デジタル推進課 梶達課長に弊社主催 RESIBON BAR にご登壇いただいたことをきっかけに今回のワーケーションが実現しま

イベント

2024.03.28

「北海道コンフェクトグループの成長法則とこれからの未来」と題したオンラインセミナーを開催しました

こんにちは。リージョナルキャリア北海道のコンサルタント、伊藤です。 リージョナルキャリア北海道は、去る2024年3月21日(木)、「北海道コンフェクトグループの成長法則とこれからの未来」をテーマにオンラインセミナーを開催しました。 今回はセミナーの内容を抜粋してお伝えします。 開催背景 「北海道コン

他の記事を検索する

検索

ページトップへ戻る