地域情報ブログ

企業2022.12.22

北海道のIT転職市場2022~スタートアップ(調和技研)編~

20221222_OGP・アイキャッチ.png

私はコンサルタントとしてこれまで1,000名以上の方と面談させて頂きました。そして、直近2年間はIT業界専任担当であったこともあり、これまでに面談させて頂いた方の3割以上がIT系職種の方となります。


北海道外から北海道へのUIターンを検討されているIT系職種の方から最も多い質問が「北海道のIT転職市場について教えて頂けませんか?」ということです。


IT業界の特徴といえば、スタートアップの出現割合が他業界よりも多いということです。そこで今回は、先日社長にインタビューをさせて頂きました株式会社調和技研についてどのような企業なのかお話ししたいと思います。


AIで利便性の高い生活を実現させる


AIという言葉に私は夢を感じずにはいられません。まさに映画の世界です。ドラえもん、スターウォーズ、アベンジャーズなど、時代を超えて多くのファンを持つ作品にごく当たり前のように登場しているのが感情を持ったロボットです。


現代ではドラえもんに並ぶ技術はまだ開発されていませんが、AIは意外と私達の身近にあります。バーチャルアシスタント(SiriAlexaなど)、お掃除ロボット、自動車の自動運転、AIチャット、囲碁・将棋AIなど、活用シーンはどんどん増え続けています。


今回取り上げる調和技研は北海道大学の調和系工学研究室から誕生したAIベンチャーです。同社は「社会の高難度課題の解決にAIで貢献する」ことを目的として設立されました。中村社長は「AIは色々なイメージが持たれています。人がAIに乗っ取られるような恐怖を持っている方もいますが、AIで利便性の高い生活を実現させることで人の時間を増やし、人がよりクリエイティブに生きられるような世界をつくりたいんです」と語ります。


世界に通用するAI人材の育成とアジア市場の開拓


汎用AIエンジンは、言語系・画像系・数値系の群類があります。同社は技術領域を絞らないことを強みとしており、AIを総合的に研究開発することで顧客のニーズに対してクリエイティブに幅広く対応したいという考えを持っています。例えば、技術領域を跨いで音声や画像を複合的に解析することで、オンライン会議で発言者の感情まで示すことも可能になるそうです。ついに人の気持ちまでAIが解析できる時代が来たのですね。


同社は札幌発の企業であり、札幌という地域との連携も大切にしていますが、同時に場所に縛られることなく成長を続けたいとも考えています。その考えのもと、AI人材育成とアジア開拓のために2019年にバングラデシュに子会社を設立しています。バングラデシュのダッカ大学とも協定を結び、AI人材の育成と地域発展に向けたAI技術の開発を共同で行う体制を整えました。人口17千万人、そして平均年齢27歳のバングラデシュのポテンシャルを活かしながら、世界に通用するAI人材の育成とアジア市場の開拓を目論んでいます。


AIの研究開発はこれまでにない世界を生み出していくという「0→1」の領域です。「好きなことをやって、それが顧客の課題解決になり喜んでもらえる。それがビジネスになる。こんなにおもしろいことありませんよね?」と中村社長へのインタビューの90分間、絶えず満面の笑みで未来を語ってくれました。未来を自分たちの手でつくることが楽しくて仕方がないように見えました。AIにかけるエネルギーの源泉はここにあるのでしょう。


画像1.png

常識にとらわれず、できない理由ではなくできる理由を考え、好きなコトをとことんやる会社をつくりたいと満面の笑みで語る中村社長の目は未来を見ているように見えました。私の思うスタートアップとは、「成長」「革新」「新しい世界」です。その全てをかなえることのできる可能性を同社から感じ、今後の同社の発展が楽しみでなりません。


中村社長へのインタビュー詳細は是非こちらからご覧ください。


20221222_link.png




お役立ち情報

▼コンサルタントに直接相談をご希望の方はこちら

▼北海道の求人情報をお探しの方はこちら

▼転職支援サービスへのエントリーはこちら

この記事を書いた人

コンサルタント 
荻野 智史

バックナンバー

グルメ

2023.01.24

札幌で"豆葉"を使った料理が味わえる│北豆印商店の紹介

こんにちは。リージョナルキャリア北海道スタッフです。 食の宝庫と言われる北海道、その中でも北海道産の大豆は日本の食品用の大豆自給率約25%のうち4割が生産されています。 また、成熟していく期間の気温が冷涼のためイソフラボンの含有量が多く、旨味や甘味、香りが他の大豆と全く違います。 大豆に含まれるイソ

レジャー

2023.01.24

冬のウトナイ湖(苫小牧市)で渡り鳥・白鳥を観る!

こんにちは。リージョナルキャリア北海道コンサルタントの辻井です。 北海道は様々な種類の渡り鳥を見ることができる地域で、夏を北のシベリアで過ごした鳥たちが冬を越すために日本などのアジアに南下する際に、北海道を通過するからだそうです。その渡り鳥の中でも、札幌近郊の苫小牧市・ウトナイ湖で観察できる白鳥を

イベント

2023.01.20

誰もが創る楽しみを。~文学フリマ札幌~

こんにちは、リージョナルキャリア北海道のスタッフです。 文学とは何か、と問われると皆さんは何を想像するでしょうか。多くの方は小説や詩といった、文字で表現されたものを思い浮かべるかもしれません。 辞書で調べると「思想や感情を、言語で表現した芸術作品。詩歌・小説・戯曲・随筆・評論など。文芸。」と最初に

レジャー

2023.01.17

札幌のスキー事情│子供のスキー授業までにすることは?

こんにちは、リージョナルキャリア北海道のコンサルタント、千葉です。 今回は札幌のスキー事情について、子育て期に焦点を当ててお届けします。 私が経験した学生時代のスキー授業 私は札幌生まれ・札幌育ちです。スキーには幼い頃から親しんできました。私の通っていた小学校は、学校の裏に市営のスキー場があり

グルメ

2023.01.12

【マルトマ食堂】苫小牧でホッキ貝を堪能できる食堂│ホッキカレー

こんにちは。リージョナルキャリア北海道、コンサルタントの鈴木です。 先日、日帰りできる範囲でちょっと遠出して、美味しいものを食べたいと思いプランを練りました。今回の行き先は苫小牧です。 苫小牧といえば 甲子園で活躍した田中将大選手が所属していた駒大苫小牧高校で聞いたことがあるかもしれませんが、北海

他の記事を検索する

検索

ページトップへ戻る