地域情報ブログ

グルメ2022.04.12

贈り物につかえる!至高の北海道厳選グルメ【お酒と海鮮のマリアージュ編】

hokkaidoblog_mariage.png

こんにちは、リージョナルキャリア北海道の高岡です。

今回は、北海道の特産品についてお伝えしていきます。

 

北海道の「本当においしいもの」を贈りたい


北海道にリージョナル転職をして、北海道で暮らす喜びは計り知れないものがあります。

北海道は食材の宝庫。スーパーでは筋子、カズノコが日常的に並びますし、夕張メロンが1個1000円を切る値段で売られていることもあります。夏には、塩水ウニが1パック2000円以下で店頭に並ぶのを目にすることさえあります。これはこの地に住む人間の特権です。

そんな食材の宝庫に住んでいると、道外に住むかつての上司や友人にお中元やお歳暮、誕生日のプレゼントを送る時に何を贈ろうかと考え込んでしまいます。

食材はどれも確かにおいしい。けれど本当に美味しいものってどれだろう。あるいは本当に北海道らしいものって何だろう。北海道から敢えて送るものってどれだろう......。特に"舌の肥えた"こだわりのある人に送りたいのは、有名なもの、人気なものではなく「本当においしいもの」です。


最高のマリアージュで「食体験」を贈る


そんななか、先日いただいたお歳暮が出色でした。静岡県の「うずわ」というソウダガツオの刺身と山形県の日本酒が送られてきたのです。刺身と日本酒が別便で届きましたが、要は「一緒に食え」ということでした。それぞれが旨いのはもちろんのこと、2つの組み合わせ(マリアージュ)は至高で、贅沢な時間をいただきました。

この体験を通して、私は閃きました。おいしい食材とおいしいお酒、この二つの「組み合わせ」を贈ることは、単に2つの食材を送るということではありません。上質な「食体験」を贈ることなのです。そしてこれこそが、贈り物を通した本当のホスピタリティではないかと思うに至りました。

そこで最近では、お酒に合う北海道の特産品を探求しています。特に、海鮮でひと手間かかったものにこだわって探しています。

今回はそのなかから、北海道民のソウル食材である鮭(サケ)と鰊(ニシン)を使った、私の大好きな特産品をご紹介させていただきます。ここに展開する情報は網羅的なものではないですし、あくまで私の主観ですがお許しいただければと思います。


お酒に合う北海道の特産品3選


鰊の切り込み/合同会社 山か平林商店

 

最初は、釧路市の合同会社 山か平林商店さんの「鰊の切り込み」です(ここからの数行は商品名に合わせ""で統一します)。


鰊の切り込み1.jpg

鰊の切り込みとは、鰊を細かく刻んで発酵させた北海道を代表する一品です。定番品としてスーパーに置いてありますし、空港などでも販売されています。多くのメーカーから販売されていますが、各社それぞれに味付けが違いそれぞれに美味しいです。なかでも私はこちらの商品が一番気に入っています。


鰊の切り込み3.jpg

大事なのは食べ方です。鰊一切れにわさびを少し載せ、しょうゆを一滴垂らして、パクっと食べるのがポイントです。平林商店さんは札幌市内の百貨店でよく出店されていますが、購入する際に食べ方について口酸っぱく言われます。たしかに、この食べ方だと最高の味になります。


鰊の切り込み4.jpg

銀聖鮭山漬/株式会社マルデン

 

次は、えりも町の株式会社マルデンさんの「銀聖鮭山漬」です。


銀聖鮭山漬1.jpg

私の子供時代は食卓によく焼き鮭(以下シャケまたはジャケ)が出ました。とても塩辛いもので、塩を食べているような"しょっぱい"(北海道弁で塩辛い!の意味)シャケでした。最近はこうした塩辛いシャケは健康志向のせいかスーパーではあまり見かけなくなってしまいましたが、当時の塩辛い味に近いのがマルデンの塩ジャケです。百貨店地下の催事によく出店されており味見をして、この味を知りました。「高岡がおいしい!と思う塩ジャケを送って欲しい」と言われていつも送るのがこちらです。私にとってはこのお店の味こそが、一番好きな北海道の塩ジャケです。


銀聖鮭山漬2.jpg


やん衆にしん漬/株式会社丸タ田中青果

 

3つ目は、留萌市の株式会社丸タ田中青果さんの「やん衆にしん漬」です(ここからの数行は商品名に合わせ"にしん"で統一します)。


やん衆にしん漬1.jpg


にしん漬けは大根とキャベツ、身欠にしん(干物に加工したにしん)、ニンジン、麹を漬け込んだ北海道の伝統的な漬物です。子供の頃は近所の家庭でも漬けられていて、冬によくお裾分けをいただきました。最近では北海道・樺太を舞台にした漫画『ゴールデンカムイ』にも伝統食として登場していました。キャベツやダイコンといった素材が大きくぶつ切りで入っており、酸味があり、たまに出てくる身欠にしんが独特な風味を醸します。にしん漬け用のキャベツは大人が抱えても持てないくらい大きく重たいものです。それを豪快にざく切りにしてあるので1枚1枚が大きく、頬張ってザクザクと噛む形になりますが、これが美味しいのです。大根も不思議な多面体に切ってあり、これを噛むのが楽しい。購入して冷蔵庫で保管すると適度に醗酵し、さらに酸っぱい風味が出てきます。味が変化して別の味になり、これもまた美味しいです。にしん漬の汁は白濁していて、飲むとカルピスのような乳酸飲料の味がしますが、これも美味しい。この田中青果さんのにしん漬けは最近発見したのですが、みごとな完成度です。どうやら通年で購入できる模様です。


やん衆にしん漬2.jpg


やん衆にしん漬3.jpg


鰊の切り込みやにしん漬け、鮭の切り身など相当な数の商品が各社から市場に投入されています。そのなかのどれを大切な人に贈るか。やはり自分が食べてみて「これはうまい。間違いない」っていうものを大事な人には贈りたいと考えています。「これは僕が子供の頃から食べていたソウルフードです」と、贈り物にストーリーを添えられるかということも大切にしています。

自分の大切な味を美味しいお酒とともに贈る。ご自身自慢の「マリアージュ」を贈ることで、遠方に住む方へもあなたの地元の食体験を共有できるのではないでしょうか。気軽に旅行したり、飲み会を開いたりという、目の前でのおもてなしが難しい今この時代だからこそ生きる、究極のおもてなしだと思います。さてこれらの酒の肴のマリアージュの相手になる肝心の北海道のお酒についてはいずれこの場にてご披露させていただきます。楽しみにしていてください。



-----

コンサルタントに直接相談をご希望の方はこちら
北海道への「UIターン転職」を成功させたい方のための個別転職相談会

北海道の求人情報をお探しの方はこちら
求人情報(コンフィデンシャル求人については、エントリー後にご相談ください。)

リージョナルキャリア北海道へのエントリーはこちら
リージョナルキャリア北海道 エントリー

-----

この記事を書いた人

コンサルタント 
高岡 幸生

バックナンバー

レジャー

2022.12.06

札幌市内の子供連れスポット「月寒公園」

リージョナルキャリア北海道を運営するリージョンズ株式会社で「地方企業のデジタル化」に取り組んでいる八木健治です。 今日は、札幌の子連れスポットとして「月寒公園」を紹介します。 (写真:筆者撮影) 大人から子供まで楽しめる「月寒公園」 月寒公園(月寒=つきさむ)は札幌市豊平区にある公園です。 ※月寒の

企業

2022.12.02

北海道砂川が創業の地!人気化粧品ブランド「SHIRO」のものづくりストーリー

こんにちは。コンサルタントの宮崎です。 今回は北海道発企業の中から、自然由来の化粧品ブランド「SHIRO」を企画製造・販売している株式会社シロをご紹介します。 会社について 1989年に北海道砂川で観光土産品の製造・卸として創業しました。当時はハーブや石鹸などの通信販売や、ジャムやドレッシングなどの

レジャー

2022.12.01

日本最大級の淡水魚水族館「サケのふるさと 千歳水族館」

リージョナルキャリア北海道のコンサルタント、福澤です。 今回は親子で楽しめる札幌近郊の場所として、日本最大級の淡水魚水族館「サケのふるさと 千歳水族館」をご紹介します。 千歳水族館設立の経緯 遡ること北海道庁庁舎(赤レンガ庁舎)が落成した明治21年。サケ・マス孵化場が千歳川に設置された当初、周辺には

レジャー

2022.11.29

日本最北!旭山動物園へいきました

こんにちは。リージョナルキャリア北海道スタッフです。 先日、日本最北の動物園である旭山動物園へ行きました。 ユニークな仕掛けで全国的に有名な同園は、動物たちとの距離が近く間近でイキイキ暮らす様子を見ることができました。 とても楽しむことが出来ましたので、その様子をお届けします。 旭山動物園と

レジャー

2022.11.25

Now in Taiwan!台湾帰省の速報

リージョナルキャリア北海道のコンサルタント、陳華儀です。 私はいま、台湾に帰省しています。台湾でもリモートワークができるように調整してくれた会社に本当に感謝です。三年ぶりに台湾に帰ってきましたので、今の状況や新発見などをお届けできればと思います。 ※2022年11月10日時点の状況です。 札幌⇔

他の記事を検索する

検索

ページトップへ戻る