地域情報ブログ

レジャー2022.12.01

日本最大級の淡水魚水族館「サケのふるさと 千歳水族館」

こんにちは。リージョナルキャリア北海道のコンサルタント、福澤です。

今回は親子で楽しめる札幌近郊の場所として、日本最大級の淡水魚水族館「サケのふるさと 千歳水族館」をご紹介します。


千歳水族館設立の経緯


遡ること北海道庁庁舎(赤レンガ庁舎)が落成した明治21年。サケ・マス孵化場が千歳川に設置された当初、周辺には捕魚車(後述します)がありました。


戦後、市街地の開発が進んでいくと捕魚車の見物客が増えてきたため、昭和54年に千歳市は「サーモンパーク基本構想」を策定。平成6年に千歳サケのふるさと館を開館、その施設そばの千歳川に捕魚車を設置しました。


平成16年には道の駅サーモンパーク千歳として登録、平成27年、道の駅施設と同時期に現在の姿でリニューアルオープンしたとのことです。


捕魚車(インディアン水車)とは?


捕魚車(インディアン水車)は北アメリカ発祥です。英語でSalmon wheelと呼ばれ、主に川を遡上するサケの捕獲に使用されてきました。水車の籠に鮭が入ると水力による回転で水揚げされる仕組みで、明治19年に日本に入ってきたとのことです。


ちなみに北米のインディアン地区で使われていたことからインディアン水車と名付けられました。遡上するサケの群れや捕魚車によるサケの捕獲風景は、千歳市の秋の風物詩となっています。



画像1.png

画像2.png

※引用:千歳水族館HP(最終閲覧日:2022年12月1日)


千歳水族館の見どころ


千歳水族館は道の駅サーモンパーク千歳の敷地内にあります。淡水では日本最大級の水槽や、千歳川の水中を直接見ることができる「水中観察ゾーン」などで、サケや北方圏の様々な淡水魚の生態や千歳川の生き物を観察することができます。


「水中観察ゾーン」では、四季折々の千歳川の生き物たちの営みを間近で観察することができます。中でも、秋に産卵のため川を遡上するサケの群れは必見です。その時期はサケの稚魚放流体験などのイベントや企画展なども数多く開催しています。


その遡上するサケの姿を見るために、今年10月初旬、家族で同館に行って参りましたので、レポートさせて頂きます!


※以下、画像は全て筆者撮影です。


画像3.jpg

画像4.jpg

料金はこのようになっています。



画像5.jpg

しゃけまる



画像6.jpg

画像7.jpg

入館して最初に目にする水槽です。大人の身長と比較してみると、その大きさがおわかりいただけるのではないでしょうか。


画像8.jpg

画像9.jpg

9年連続水質日本一・支笏湖の水面下を再現したきれいな水槽です。


画像10.jpg

画像11.jpg

画像12.jpg

画像13.jpg

子供が大好きなタッチプールコーナー、なんとチョウザメの子供にタッチできます!


画像14.jpg

皮膚の角質が好物のドクターフィッシュ。癖になります。


そして、いよいよメインイベント・千歳川の水中を直接見ることのできる「水中観察ゾーン」へ!


画像15.jpg

画像16.jpg

遡上したサケとご対面!


ちなみに昨年見た最盛期のサケの数はこんなもんじゃございません!

その迫力あるシーンは是非皆様の目で直接ご確認ください。必見です!


画像17.jpg

上から見ると、こんな感じです。サケの魚影が分かりますでしょうか?


千歳水族館 マニアックな楽しみ方


いかがでしたでしょうか。

最後にマニアックな楽しみ方をふたつご紹介します。


ひとつめは世界の淡水魚コーナーにあります。


画像18.jpg

この中に、「ある生物」が一匹、います。分かりますか?


正解は・・・


画像19.jpg

エボシカメレオンでした!


このカメレオン、展示的、かつ生態的にも分かりにくい為、気づかない方もいます。自分も2回目の訪問で気づき、それ以来、訪問する度にその姿に癒されております。



さて、ふたつめ。それは隣接する道の駅の中にあります。

画像20.jpg

道の駅の『トイレがきれい』ランキングで、過去41位を獲得!そのきれいさについても、是非皆様の目で直接ご確認ください!

ちなみのこの道の駅は、食べログで高評価の飲食店が複数入っており、おススメです。


いかがでしたでしょうか。千歳水族館に訪問して、サケが遡上する姿はまさに北海道ならではの秋の光景と再認識しました。そしてもっと北海道の貴重な観光資源として注目されてもよいのではとも思いました。なぜなら、「自分の生まれ故郷に命がけで還り、そして果てるサケの姿」から、人間の人生に重ね合わせることもあるのでは・・・と思ったからです。


現在は札幌市内や郊外の河川でもその姿を見ることができますので、来年の秋は是非、生命の力強さとはかなさを感じることができるサケの姿を体感してはいかがでしょうか?




お役立ち情報

▼コンサルタントに直接相談をご希望の方はこちら

▼北海道の求人情報をお探しの方はこちら

▼転職支援サービスへのエントリーはこちら

バックナンバー

企業

2024.05.31

【企業紹介】気球による宇宙遊覧フライトの商業運航を目指す「株式会社岩谷技研」の求人情報

こんにちは。リージョナルキャリア北海道のコンサルタント、新井太樹です。 今回は、江別市に本社・開発拠点を持つ宇宙ベンチャー企業「株式会社岩谷技研」の求人を紹介します。 ※情報参照:岩谷技研HP、 PR TIMES/株式会社岩谷技研 この投稿をInstagramで見る

企業

2024.05.30

Rapidus株式会社(ラピダス)の北海道千歳勤務(リモート含む)求人まとめ

こんにちは。リージョナルキャリア北海道のコンサルタント、新井太樹です。 以前からブログでも紹介させていただいており、Rapidus(ラピダス)社の採用に関して、多くのお問合せをいただいております。 これから北海道において採用が活発化するRapidus社の求人一覧をまとめましたので、ご応募を考えられて

企業

2024.04.08

【企業紹介】地域と共に歩む、コープさっぽろの改革スピリットとDX推進

こんにちは。リージョナルキャリア北海道のコンサルタント、宮崎です。 「コープさっぽろ」と聞くと、地元の多くの方はまずスーパーを思い浮かべることでしょう。 実際、帝国データバンク北海道支店(*1)によると、コープさっぽろはの2007年~2019年まで北海道のスーパーストア売上高ランキング13年連続「第

その他

2024.03.29

【現地レポート】上士幌町の先端技術を駆使したまちづくりの現場を見てきました

こんにちは。リージョナルキャリア北海道のコンサルタント、千葉です。 先日、上士幌町にワーケーションに行ってきました。 2月に実施した斜里町ワーケーションと同様に、北海道上士幌町デジタル推進課 梶達課長に弊社主催 RESIBON BAR にご登壇いただいたことをきっかけに今回のワーケーションが実現しま

イベント

2024.03.28

「北海道コンフェクトグループの成長法則とこれからの未来」と題したオンラインセミナーを開催しました

こんにちは。リージョナルキャリア北海道のコンサルタント、伊藤です。 リージョナルキャリア北海道は、去る2024年3月21日(木)、「北海道コンフェクトグループの成長法則とこれからの未来」をテーマにオンラインセミナーを開催しました。 今回はセミナーの内容を抜粋してお伝えします。 開催背景 「北海道コン

他の記事を検索する

検索

ページトップへ戻る