地域情報ブログ

企業2022.05.13

【レバンガ北海道】オフィシャルサポーターになりました

レバンガ_500.png

こんにちは。リージョナルキャリア北海道のコンサルタント新井です。

今回は弊社がスポンサーとなっているプロバスケットボールチーム「レバンガ北海道」を取り上げます。リージョンズは2022年1月からオフィシャルパートナーとなっており、人材採用の面での支援を行っています。


レバンガ北海道について

北海道には野球、サッカー、フットサル、バレーボールなど多くのプロスポーツチームの本拠地がありますが、レバンガ北海道はB1リーグに所属するプロバスケットボールチームです。2011年5月、日本を代表するバスケットボールプレイヤーで、バスケ界のレジェンドである折茂武彦さんが選手と社長を兼任するかたちで設立しました(筆者は当時、北海道在住ではありませんでしたが、中学・高校とバスケットボール部に所属していた者として、大きな衝撃だったことを覚えています)。


ゼロからのスタートでしたが、地道にファンとスポンサーの獲得活動を行ってきた結果、コロナ前にはアリーナが満員になるほど、直近5年間の決算はコロナにも関わらず黒字経営となっております(※1)。ちなみに、2020-21シーズンの営業利益額は全20クラブ中4番目に高く、営業収入科目別でみると平均よりも「入場料収入」「ユース・スクール関連収入」が多く(※2)、ファンに愛され、ユース世代の育成に力をいれていることがわかります。また、U18世代は他チームのユースチームが集う大会で優勝の実績があるなど、将来が楽しみなチームです(※3)。

※1 株式会社レバンガ北海道 2021年6月期(第11期) 決算情報

※2 B.LEAGUE 2020-21シーズン(2020年度) クラブ決算概要 B1クラブ

※3 B.LEAGUE U18 ELITE6 LEAGUE 全日程終了 レバンガ北海道U18優勝のご報告


現在置かれている状況

BリーグはNBAに次ぐ世界第2位のリーグになるべく、2026年に向けた構想が動いています。海外にもレベルの高いリーグはたくさんあるため、非常にアグレッシブな目標ですが、こういった動きがあることは一人の元バスケットボール選手として誇らしいと感じます。


新たな構想では、「ファン」「地域」「選手」「子供達」「パートナー」「クラブ」というBリーグに関わる全ての人々をより幸せにできる存在となることを目指しています。それに伴い、クラブに求められるレベルもより一層高くなっています。レバンガ北海道が新しい基準のB1リーグに残るためには、「入場者数平均4,000名以上」「売上高12億円以上」「自前のアリーナの設置」が求められています。それぞれハードルが高いですが、特に稼ぐ力としての売上や、多額の費用を投じる必要のある自前のアリーナの設置については頭を悩ませる材料になると思われます。


売上創出のための様々な取り組み

売上12億円以上を目指して、新たな取り組みも始まっています。まだまだこれから出てくると思われますが、以下ご紹介します。


・フード事業(レバンガ北海道ニュースリリース

小樽なると屋とオフィシャルフードビジネス サポートパートナー契約を行いました。小樽なると屋は道民にはもちろん、観光客や催事などでも人気となっている、半身揚げやザンギを提供する飲食事業を営んでおり、今回レバンガ北海道としては、フランチャイズ店として主にキッチンカーなどでホームゲーム会場はもちろん、ドラッグストア、商業施設、催事出店を進め、売上の創出を行う方針です。


・eスポーツ事業(レバンガ☆SAPPORO

レバンガ☆SAPPOROとして、eスポーツ事業を展開しており、複数名のプロ選手と契約しています。また2021年8月には13歳のプレイヤーとオフィシャルeスポーツプレーヤー契約を結び、話題となりました。北海道はeスポーツに力をいれている企業が多い印象があり、その中心となっていくのではと期待しています。


サポートシップパートナー制度

レバンガ北海道を応援するスポンサー制度のひとつに「サポートシップパートナー」があります。リージョンズは2022年1月からオフィシャルパートナーとなっておりますが、前シーズンはサポートシップパートナーとして登録をしていました。サポートシップパートナーは月額1万円から登録ができ、個人事業主の方や有志の集まりの方々も含め多様な団体が登録しています。無料観戦チケットをもらうことができるため、福利厚生としても非常によいものだと感じます。先日、リージョンズ社員数名で試合観戦に行って参りました。非常に盛り上がり、勝利した試合だったので楽しい経験となりました。


レバンガ北海道.jpg

新B1リーグの基準である売上の12億円以上には、約4億円が不足しています。このような取り組みに加えて、新たな事業が生まれる可能性も含めて、個人的には今後の展開にわくわくしています。アリーナ設立に向けても、北海道日本ハムファイターズが北広島に新球場を建設中であることもあり、動き出した場合は大きな話題になると思われます。北海道にいらっしゃる方も、Uターンで戻ってこられる方も、帰省で帰ってこられる方も、はたまたアウェイゲームであっても、レバンガ北海道を応援して、みんなでさらなる成長を支えていきましょう!


お役立ち情報

▼コンサルタントに直接相談をご希望の方はこちら

▼北海道の求人情報をお探しの方はこちら

▼転職支援サービスへのエントリーはこちら

この記事を書いた人

コンサルタント 
新井 太樹

バックナンバー

転職ノウハウ

2022.12.13

Uターン転職体験記~生活編~

こんにちは。リージョナルキャリア北海道、コンサルタント新井です。 私は日頃、北海道で転職を希望される方からご相談を承っている立場ではありますが、私自身にも転職の経験があります。2020年12月、32歳のときに東京から生まれ故郷である北海道札幌市にUターン転職をしました。 そこで、これからUター

レジャー

2022.12.06

札幌市内の子供連れスポット「月寒公園」

リージョナルキャリア北海道を運営するリージョンズ株式会社で「地方企業のデジタル化」に取り組んでいる八木健治です。 今日は、札幌の子連れスポットとして「月寒公園」を紹介します。 (写真:筆者撮影) 大人から子供まで楽しめる「月寒公園」 月寒公園(月寒=つきさむ)は札幌市豊平区にある公園です。 ※月寒の

企業

2022.12.02

北海道砂川が創業の地!人気化粧品ブランド「SHIRO」のものづくりストーリー

こんにちは。コンサルタントの宮崎です。 今回は北海道発企業の中から、自然由来の化粧品ブランド「SHIRO」を企画製造・販売している株式会社シロをご紹介します。 会社について 1989年に北海道砂川で観光土産品の製造・卸として創業しました。当時はハーブや石鹸などの通信販売や、ジャムやドレッシングなどの

レジャー

2022.12.01

日本最大級の淡水魚水族館「サケのふるさと 千歳水族館」

リージョナルキャリア北海道のコンサルタント、福澤です。 今回は親子で楽しめる札幌近郊の場所として、日本最大級の淡水魚水族館「サケのふるさと 千歳水族館」をご紹介します。 千歳水族館設立の経緯 遡ること北海道庁庁舎(赤レンガ庁舎)が落成した明治21年。サケ・マス孵化場が千歳川に設置された当初、周辺には

レジャー

2022.11.29

旭山動物園へいきました│動物がイキイキ暮らす行動展示とは

こんにちは。リージョナルキャリア北海道スタッフです。 先日、日本最北の動物園である旭山動物園へ行きました。 ユニークな仕掛けで全国的に有名な同園は、動物たちとの距離が近く間近でイキイキ暮らす様子を見ることができました。 とても楽しむことが出来ましたので、その様子をお届けします。 旭山動物園と

他の記事を検索する

検索

ページトップへ戻る