産直ブログ

地域情報

その他2022.06.29

北海道へのUターン引っ越し体験記with大型犬~準備編~

20200630_01.png

リージョナルキャリア北海道を運営するリージョンズ株式会社で「地方企業のデジタル化」をミッションに新規事業に取り組んでいる八木健治です。

私は、学生時代を含めると地元北海道へ3回Uターンを経験しています。今回は、私のUターン史上いちばん大変だった我が家の愛犬(ラブラドール当時9歳)と一緒に東京から北海道へUターン引っ越しした際の話を共有します。


「引っ越し準備編」と「引っ越し当日編」の2回に分けて書きたいと思いますが、まず今回は「引っ越し準備編」です。

今回の主役

我が家の愛犬、バリーくんです。
20200630_02.png
(写真)バリー(ラブラドール・オス)


ラブラドールという犬種はとても人懐っこくて優しい性格の犬種です。
知能も高いことから、盲導犬や介助犬などとしても人間社会で人間以上の活躍をしています。


ですが・・・
我が家のバリーくんは「知能の高さ」というより「ずる賢さ」、「人懐っこい」というより「甘えん坊」という感じの性格です。
(この性格が引っ越し時のハプニングに影響します)

陸路が使えない問題

北海道は有史以来、道外からの移動で「陸路が使えない」という問題が存在しています。
我が家のUターン引っ越しでも当然この問題が目の前に立ちはだかりました。


人間だけであれば、
1. 引っ越し当日に荷物搬出
2. スーツケースに最低限の荷物を入れて飛行機で北海道へUターン♪
3. 荷物搬入の日までホテル等で待機
という段取りが一般的ではないでしょうか。


ですが、
我が家にはバリーくんがおりますので、引っ越しの間、「バリーくんのお世話をどうするか?」という問題が発生しました。
また、そもそも高齢であるため「飛行機大丈夫なのか・・?」という不安もありました。

引っ越し作戦

結果的に我が家のUターン引っ越しにおいて「バリーくんをどうするか?」は最大の懸案となりました。
当時は妻と「あーでもないこーでもない」といろいろな案を考えていました。


作戦1:フェリーを利用
本州からは北海道の小樽や苫小牧までフェリーが運航しています。(以下参照)
20200630_03.png
画像引用:日本長距離フェリー協会HP(最終閲覧日:2022年6月22日)


当初はフェリーを利用した以下のような案を考えました。

1. 引っ越し荷物を搬出
2. 大型のレンタカーにバリーくんのケージを搭載しててフェリー乗り場まで運転
3. レンタカー乗り捨て、フェリー乗り換え
4. 小樽(苫小牧)到着後、レンタカーに乗り換え
5. 引越し先(北海道・札幌市)着


この案のいいところは「旅」を楽しむように引っ越しができるという点でした。
欠点としては、「大型のレンタカーが高い」というのと、「乳幼児を連れての長旅は不安」という点でした。
結果的に、主に後者の理由からこの案はなしとなりました。


◆作戦2:新幹線を利用
さきほど「陸路使えない問題」と大げさに表現しましたが、実は偉大な先人たちがその問題の例外として「青函トンネル」という「オーパーツ」を残してくれています。
これにより、道外からの道内への越境が陸路(鉄道)で可能となりました。
平成28年(2016年)からは新幹線も新青森駅~新函館北斗駅で運航しています。

20200630_04.png

画像引用:JR北海道HP(最終閲覧日:2022年6月22日)


「新幹線ならば陸路でバリーくんを見ていられるし、移動時間もフェリーよりは短くて済むかもしれない」
と、この案も結構いいところまで検討したのですが・・・

結局、バリーくんのケージ(移動式の大きいもの)とその他キャリーケースなど大きな荷物を持ちながら、子ども2人(うち1人は乳幼児)と一緒に「新幹線までの移動」「新幹線乗車」「(新函館北斗駅での)新幹線からの乗り換え」という段取りに不安を覚えてこの案もなしとなりました。


◆最終案:飛行機を利用
結論としては、やはり移動時間が短くて済む飛行機を使う案となりました。

我が家ではANAを利用しましたが、羽田空港のカウンターでのやり取り含めてとても丁寧に対応してもらい、快適に利用させてもらいました。
事前の予約などが必要になるので詳しくはHPをご確認ください。


参考情報:ANA・HP「ペットをお連れのお客様(国内)」(最終閲覧日:2022年6月22日)


こうしてバリーくんとの引っ越しの準備を進めました。次回は、引っ越し当日のことについて書きます。

お役立ち情報

▼コンサルタントに直接相談をご希望の方はこちら

▼北海道の求人情報をお探しの方はこちら

▼転職支援サービスへのエントリーはこちら

この記事を書いた人

北海道スタッフ

バックナンバー

その他

2022.07.01

北海道へのUターン引っ越し体験記with大型犬~当日編~

リージョナルキャリア北海道を運営するリージョンズ株式会社で「地方企業のデジタル化」をミッションに新規事業に取り組んでいる八木健治です。 今回は、我が家の愛犬(ラブラドール当時9歳)と一緒に東京から北海道へUターン引っ越しについて書きます。前回の「引っ越し準備編」に続き、「引っ越し当日編」です。 当

その他

2022.06.27

札幌近郊の成長地帯KIECE②K~北広島市編~

こんにちは。リージョナルキャリア北海道のコンサルタント長谷川です。 前回紹介した札幌近郊5市の総称KIECE(北広島市、石狩市、江別市、千歳市、恵庭市)。今回はKIECEの「K」北広島市を紹介します。2023年3月開業予定の北海道ボールパークFビレッジでも話題、今がアツい北広島市の魅力に迫ります。

レジャー

2022.06.24

北海道【百年記念塔】が見られなくなる日

こんにちは、リージョナルキャリア北海道の福澤です。 今回は札幌市厚別区にある道立の自然公園『野幌森林公園』にある百年記念塔の話をしたいと思います。 (野幌森林公園にある百年記念塔) 百年記念塔とは 百年記念塔は、札幌に住む多くの方にとって馴染み深い場所なのではないでしょうか。 百年記念塔を訪れたこと

レジャー

2022.06.22

北海道のミュージアム「わたし的」3選

こんにちは。リージョナルキャリア北海道のコンサルタント 辻井です。 私は、美術館・博物館を訪れることが好きで、休日は美術館・博物館で過ごすことが多いです(両方を併せて、以降ミュージアムと呼びます)。過去には東京に住んでいたことがあり、首都圏にはたくさんのミュージアムがありました。北海道ではそれも少

レジャー

2022.06.20

札幌市内から車で1時間!北海道登山の魅力を堪能

こんにちは。リージョナルキャリア北海道のコンサルタント、陳です。 私の趣味のひとつに"登山"があります。2016年に台湾から札幌に移住したころ、友達をつくりたいと思い社会人サークルに参加して以来、軽登山にハマりました。夏になると毎週のように山に登り、北海道登山の楽しさと美しさを堪能しています。そこ

他の記事を検索する

検索

ページトップへ戻る