地域情報ブログ

レジャー2023.06.05

道内では小樽水族館と並ぶ、最大級の水族館【登別マリンパークニクス】!

こんにちは。リージョナルキャリア北海道のコンサルタント、福澤です。

さて、これまでも"親子で通年楽しむことができる場所"として札幌及び近郊の水族館をいくつか紹介してきましたが、今回はおたる水族館とともに道内最大級を誇る水族館「登別マリンパークニクス」を紹介致します。

「登別マリンパークニクス」とは

この水族館は1990年(平成2年)7月20日、「北欧ロマンと海洋ファンタジー」をテーマにオープン。

一見、水族館には見えない建物「ニクス城」は、中世ルネッサンス洋式のデンマークに実在する古城をモデルに造られており、約400種・20,000点の生き物を展示。ペンギンパレードやイルカ、アシカのショーも楽しめます。

開業3年目以降はバブル崩壊による景気低迷や開業人気の下落などが重なり赤字へ転落する時期もあったようですが、新しい経営陣の経営努力やインバウンドの追い風などを受け営業を存続、コロナ禍も乗り越え今年のGWはコロナ前に近づく入場者数だったようです。

■登別マリンパークニクス

所在地:北海道登別市登別東町1丁目22
営業時間: 9:00~17:00(最終入園16:30)
HP:https://www.nixe.co.jp/

画像1.jpg

いよいよ館内へ

画像2.jpg

見どころ満載のニクスですが、今回も【私の独断押しポイント 6か所】をまとめてみました。


1.巨大タワー水槽


ニクス城に入るとまず最初に登場する高さ8mの巨大タワー水槽。

画像3.jpg

ナポレオンフィッシュがいますね。


2.迫力のエスカレーター


あとで紹介するアクアトンネルを上から観賞できる迫力あるエスカレーターです。

画像4.jpg
画像5.jpg
画像6.jpg

かなり非日常の光景です(携帯電話で撮影する方、落下注意です)。


3.2つのアクアトンネル


こちらも迫力のある光景が楽しめます。


画像7.jpg
画像8.jpg
画像9.jpg

寒流水槽のアクアトンネルの主は、チョウザメさん。

次は、暖流水槽のアクアトンネルへ。

画像10.jpg
画像11.jpg

ここの主はシロワニさんでした。


4.『えっ、こんな生き物にさわって大丈夫?』のタッチプール


こども大興奮のタッチプールです。

主に2つの生物とまさに触れ合うことができます。

画像12.jpg

ひとつめの生物はホシエイさんです。

ちなみに尾に毒針がありますが、それは切除されておりますのでご安心を!

画像13.jpg

そして、ふたつめの生物は、生きた化石。

画像14.jpg

カブトガニさんです。

ちなみに豆知識。「カブトガニ類は『カニ』と名づけられてはいるが、クモやサソリなどが含まれる『鋏角類』に分類されており、同じく節足動物だが、甲殻類であるカニではない」とのことです。


5.その他、充実の展示


画像16.jpg
画像17.jpg
画像18.jpg
画像19.jpg
画像20.jpg

こちらは水面から上に突き出した形の「リングプール」。アザラシがその中を泳ぐと、まるで空を飛んでいるようにも見えます。

画像21.png

※画像引用:登別マリンパークニクス 公式サイト | アザラシのリングプール(最終閲覧日:2023年6月5日)


6.迫力の各種ショー


画像22.png

※画像引用:北海道の動物園・水族館 サイト | 登別マリンパークニクス イルカのパフォーマンス(最終閲覧日:2023年6月5日)

画像24.jpg

※画像引用:一般社団法人 登別国際観光コンベンション協会サイト | 登別マリンパークニクス(最終閲覧日:2023年6月5日)

イルカショーその他、アシカのパフォーマンス、ペンギンパレード、イワシの銀河水槽パフォーマンスなどがあり、こちらもおすすめです。

画像25.jpg

※画像引用:登別マリンパークニクス公式サイト | ペンギンパレード(最終閲覧日:2023年6月5日)

画像26.jpg

こちらがマリンパークニクスの全体案内です。園内には遊園地もありますよ!

最後に・・・

いかがでしたか?さすがニクス!ということで、ここでしか体験できない光景を通年で楽しむことができます。

公式HPでは、『札幌から道央自動車道(高速)ご利用 約90分 登別東インター下車 5分』とのことですので、札幌から日帰りで楽しむことも可能です。

休日のドライブがてら、親子で、カップルで足を運んでみてはいかがでしょうか。

※引用元を明記しているもの以外、画像は全て筆者撮影です。


▼北海道専任のコンサルタントへのキャリア相談はこちら

個別キャリア相談会 開催一覧

▼北海道の公開求人はこちら

北海道求人 一覧

バックナンバー

企業

2024.05.31

【企業紹介】気球による宇宙遊覧フライトの商業運航を目指す「株式会社岩谷技研」の求人情報

こんにちは。リージョナルキャリア北海道のコンサルタント、新井太樹です。 今回は、江別市に本社・開発拠点を持つ宇宙ベンチャー企業「株式会社岩谷技研」の求人を紹介します。 ※情報参照:岩谷技研HP、 PR TIMES/株式会社岩谷技研 この投稿をInstagramで見る

企業

2024.05.30

Rapidus株式会社(ラピダス)の北海道千歳勤務(リモート含む)求人まとめ

こんにちは。リージョナルキャリア北海道のコンサルタント、新井太樹です。 以前からブログでも紹介させていただいており、Rapidus(ラピダス)社の採用に関して、多くのお問合せをいただいております。 これから北海道において採用が活発化するRapidus社の求人一覧をまとめましたので、ご応募を考えられて

企業

2024.04.08

【企業紹介】地域と共に歩む、コープさっぽろの改革スピリットとDX推進

こんにちは。リージョナルキャリア北海道のコンサルタント、宮崎です。 「コープさっぽろ」と聞くと、地元の多くの方はまずスーパーを思い浮かべることでしょう。 実際、帝国データバンク北海道支店(*1)によると、コープさっぽろはの2007年~2019年まで北海道のスーパーストア売上高ランキング13年連続「第

その他

2024.03.29

【現地レポート】上士幌町の先端技術を駆使したまちづくりの現場を見てきました

こんにちは。リージョナルキャリア北海道のコンサルタント、千葉です。 先日、上士幌町にワーケーションに行ってきました。 2月に実施した斜里町ワーケーションと同様に、北海道上士幌町デジタル推進課 梶達課長に弊社主催 RESIBON BAR にご登壇いただいたことをきっかけに今回のワーケーションが実現しま

イベント

2024.03.28

「北海道コンフェクトグループの成長法則とこれからの未来」と題したオンラインセミナーを開催しました

こんにちは。リージョナルキャリア北海道のコンサルタント、伊藤です。 リージョナルキャリア北海道は、去る2024年3月21日(木)、「北海道コンフェクトグループの成長法則とこれからの未来」をテーマにオンラインセミナーを開催しました。 今回はセミナーの内容を抜粋してお伝えします。 開催背景 「北海道コン

他の記事を検索する

検索

ページトップへ戻る