地域情報ブログ

レジャー2022.10.14

札幌市内の子供連れスポット「白い恋人パーク」

画像1.png

(筆者撮影)白い恋人パーク内の庭園より


子連れでも楽しめる「白い恋人パーク」

シルバーウィークの最終日に子どもたちを連れてどこか遊べるところへ行きたいと思案していたところ、思いつきで札幌市宮の沢にある「白い恋人パーク」へ行ってきました。

個人的なことですが最後に訪問したのは2015年で実に7年ぶり。

当時は結婚前の妻と2人で遊びに行きましたが今回は子供2人を連れて親子4人での訪問。なんだか感慨深いものがあります。

改めて行ってみると、観光客やカップルだけではなく、子供連れでも十分に楽しめる施設だなと感じましたのでレポートをさせていただきます。


「白い恋人パーク」とは

北海道を代表するお土産『白い恋人』を製造している石屋製菓株式会社が1995年に「イシヤチョコレートファクトリー」として『白い恋人』の製造ラインの見学のほか、チョコレートの歴史などが学べる施設として開業したのが始まりです。


「コロナ」のパンデミック前は世界中から北海道に観光客が訪れ、この施設もピーク時の2017年度には年間748,615人が訪れていました。

なお、直近は2020年度が69,525人、2021年度は159,604と新型コロナ感染拡大の影響を大きく受けています。


※引用:札幌市「観光統計データ」(最終閲覧日:2022年10月14日)

 


私が2015年に訪れた際も70万人以上も入場者がおり、当時は来場者100万人の大台を見据えて2018年から1年以上の大規模な改修工事を行って施設を拡大し、2019年にリニューアルオープンしたそうです。

7年ぶりの来訪

入場ゲートをくぐると眼前にはファンタジー感のあふれる壮観な庭園が広がり、子どもたちも親もテンションアゲアゲ状態です。


画像2.png

(筆者撮影)庭園内


画像3.png

(筆者撮影)庭園内


来場者は連休最終日で快晴の秋空ということもあってか親子連れやカップルが多い印象です。


時折外国人観光客のような方を見かけますが、7年前は日本人の方が外国人に感じるくらい圧倒的に外国人が多かったと思います。

チケット販売コーナーでは、ハロウィン仕様の制服を着たスタッフが笑顔でお出迎えしてくれました。


名札を見るとどうやら中華圏や東南アジア圏の方の様子。みなさん日本語がたいへん達者なので、名札を見るまで分からないくらい。


コロナで観光に影響があってもこうして地元の人のためにくじけずに営業を続けてくれていたんだなと思うと、日本人として地元の人として感謝の気持ちでいっぱいになりました。


親子連れにとってのおすすめポイント

7年前に来たときはマイセンの高級カップのコレクションや、チョコレートの製造工程に関する資料を読み込んだり大人の楽しみ方をしましたが、今回は子供様を連れての来訪です。


画像4.png

(筆者撮影)館内に展示されているマイセンのコレクション


当然、カップのコレクションや歴史的資料なんかは「スルー」です。

逆に、子供を連れているとこんなに楽しいところなんだという新しい気づきもありました。

1.写真撮影のポイントが多い

子供が写真撮影することを想定したような高さのベンチや踏み台などが様々なスポットにあるので親としては安心して子供の写真を撮ることができます。

画像5.png

(筆者撮影)館内の様子



2.場内で売っている食べ物や飲み物が「可愛い」

可愛いネコのイラストが入っていたり、ハロウィン仕様のデザインになっていたり、場内で販売されている飲食物も子供が喜ぶものが多いです。


画像6.png

(筆者撮影)パークで販売されているスイーツなど(我が家はハロウィンメロンパンを買いました。)


ちなみに、場内で販売されているソフトクリームは白い恋人のホワイトチョコレートの風味を感じるミルクリッチなもので、無限に食べられる系の中毒性がありますのでご注意ください。子どもたちも夢中で食べていました。
画像7.png

(筆者撮影)白い恋人ソフトクリーム(後ろはロンドンで走っていたという2階建てのバスの展示)


3.授乳室やトイレなどが充実している

我が家の子供にとってはもう不要ですが、授乳室やトイレなどが多いのは乳幼児をお連れの方には非常に助かりますよね。


画像8.png

(筆者撮影)可愛いトイレの案内


4.ベビーカーの貸し出し

こちらも非常に立派なベビーカーが無料でレンタルされています。抱っこひもで行って、ベビーカーをレンタルするみたいな使い方でしょうか。ホスピタリティに溢れています。


5.ちょうどいい広さ

地味に良いと思ったのは「ちょうどいい広さ」という点です。子どもたちが一緒に歩いたり遊んだりできるくらいの広さなので途中で「抱っこして〜」みたいなことが起きないまま、親も疲れずいられるというのはたいへん有り難かったです。


6.子供向けのコンテンツが多い

子供の目線だと気づく仕掛けであったり、道案内だったり、子供を意識したコンテンツが多いのもおすすめするポイントの一つです


画像9.png

館内のガイドは「猫の足跡」で表現されており、「猫さんだ~」とか言いながらいつもよりはしゃいで楽しんでいました。


    画像10.png

    まとめ

    観光客はもちろん、地元の大人も子供もみんなで楽しめる素敵なコンテンツがたくさんあります。


    画像11.png

    (筆者撮影)長女が「がんばってください~」というと、「頑張りまーす♥」と返事してくれました。


    7年前からすると非常に進化している印象を受けましたが、白い恋人パークはまだまだ進化の夢の途中のようです。


    画像12.png

    (筆者撮影)まだまだ計画中の「夢」がたくさんあります


    お菓子屋さんから独自の進化を遂げて、いまや北海道・札幌を代表する観光名所にまでなった白い恋人パークを市民として今後も応援していきたいなと思いました。


    先日外国人観光客のビザ等の規制が解除される報道がありましたが、早く多くの外国人が元のように来訪して北海道を楽しめるようになってほしいなと願うばかりです。


    画像13.png

    (筆者撮影)館内の様子


    白い恋人パークの情報

    • ●アクセス
      〒063-0052 北海道札幌市⻄区宮の沢2-2-11-36
      地下鉄「宮の沢駅」から徒歩約7分
      駐車場あり


    • ●料金
    • スクリーンショット 2022-10-14 124009.png ※画像抜粋:公式HPから

      白い恋人パーク公式HP(最終閲覧日:2022年10月14日)


      以上


      お役立ち情報

      ▼コンサルタントに直接相談をご希望の方はこちら

      ▼北海道の求人情報をお探しの方はこちら

      ▼転職支援サービスへのエントリーはこちら

    この記事を書いた人

    北海道スタッフ

    バックナンバー

    レジャー

    2022.10.28

    稚内への330kmの旅~そこにいたのは〇〇でした~

    こんにちは、リージョンズ北海道のスタッフです。 8月某日。ふと思い立ち、稚内へ行きました。 移動は車で片道5時間 稚内市はご存知の通り、日本最北端の市町村です。札幌からは329km、車で約5時間ちょっとです。 公共交通機関だとJR、高速バス、あるいは飛行機でもアクセスすることができます。 今

    その他

    2022.10.25

    リージョンズはヴォレアス北海道を応援しています

    ※画像引用:ヴォレアス北海道HP(最終閲覧日:2022年10月25日) こんにちは。リージョナルキャリア北海道のコンサルタント新井です。 リージョンズ株式会社は、プロバレーボールチーム「ヴォレアス北海道」の2022-23年シーズン、オフィシャルパートナーになりました。今後、多方面から提携を進め

    その他

    2022.10.21

    【こんなところで?】札幌中心部のオフィス街で養蜂を体験!

    ここは札幌市・大通エリアの中心地から目と鼻の先の、とあるビル。 エレベーターに乗って、屋上へ行くとそこに広がっていたのは... こんにちは。リージョナルキャリア北海道のコンサルタント 福澤です。 「ブンブーン」「ブンブーン」 ビルの屋上に着いた途端、ひっきりなしに音が聞こえてきます。 そう、

    レジャー

    2022.10.20

    観光的視点から見る北海道大学の魅力ご紹介

    こんにちは。リージョナルキャリア北海道、コンサルタントの辻井です。 私はちょうど20年前の2002年に北海道大学を卒業しました(大学院卒)。 北海道大学は前身である札幌農学校時代から数えると146年の歴史を持つ大学であり、その成り立ち、研究、学部、キャンパスなど様々な切り口から見ることができます

    イベント

    2022.10.17

    北海道のIT転職市場2022~イベント編・NoMaps2022のご紹介~

    リージョナルキャリア北海道のコンサルタント荻野です。 私はコンサルタントとしてこれまで1,000名以上の方と面談させて頂きました。そして、直近2年間はIT業界専任担当であったこともあり、これまでに面談させて頂いた方の3割以上の方がIT系職種の方となります。 北海道外から北海道へのUIターンを検討され

    他の記事を検索する

    検索

    ページトップへ戻る