産直ブログ

地域情報

レジャー2022.05.16

往復8時間!目指すは極上サウナ in 北海道・十勝

極上サウナ.png

はじめまして!リージョナルキャリア北海道を運営するリージョンズ株式会社で「地方企業のデジタル化」をミッションに新規事業に取り組んでいる八木健治といいます。

最近の「サウナ」ブームに乗っかって、にわかサウナーとして密かに「サ活」(サウナに入ってととのう活動)に取り組んでいます。

今回のブログでは、先日行ってきた北海道ならではのダイナミックなサウナ旅について、その様子をお届けしたいと思います。

旅のきっかけ

「自分が世界で一番だと思っているサウナが十勝にあるけど一緒に行きませんか?」

いつもサ活に誘ってくれるサウナ同好会の先輩、「師匠(※みんなからの愛称)」の一言からすべては始まりました。

例によって、自分は軽く「いいですね!行きたいです!!(※すぐ行くとは思っていない)」と、軽くノッて返事しただけなのですが、このやりとりだけで見事に旅に巻き込まれています。(後述しますが、この手法で他のメンバーも巻き込まれています。)

その後まもなく日程の相談があり、よく分からないままに「十勝へサウナに行く」というスケジュールだけ確保されました。

ちょうどその時も、札幌市郊外にある「自然の村」(※中心部から車で約1時間、格安で利用可能な設備最強のおすすめキャンプ場!)にて同好会メンバーでテントサウナとBBQを楽しんでいる時でした。

まさにテンション高めのときを狙い曖昧にOKをとり、そして徐々に外堀を埋めていくという。営業マンとして見習うべき華麗な交渉術です。笑

行程

結局なんやかんやあって(いきさつを書くと長いので割愛します)、なぜか自分が師匠含む3名の他のメンバーを十勝・上士幌町にある「しんむら牧場」へ連れていくこととなりました。ここも師匠に気持ちよく誘導されました。笑

そのときの行程は次のとおりです。

8:00  札幌の自宅発
10:00 師匠含む他のメンバーピックアップ

高速利用(北広島IC~十勝清水IC)~

12:30 十勝・新得町 着(昼食)
14:30 十勝・上士幌町「しんむら牧場」 着

~みんなでサウナ・ととのう~

16:30 十勝・上士幌町「しんむら牧場」 発
21:00 札幌の自宅着

振り返ると300km近い移動距離でした。(東京駅から浜松市までドライブする距離より遠い......。)
まさに北海道らしいダイナミックな日帰り旅行です。

流石に運転疲れもありましたが、それを完全に吹き飛ばすほどの極上「ととのい」体験を味わうことができましたので、以下にレポートいたします。

極上サウナ体験

十勝・上士幌町のしんむら牧場に到着した一行は、広大な牧場のど真ん中に明らかに場違いな洒落た施設を発見します。

現地のキャプチャ写真.png

以下、極上サウナの「ポイント」をダイジェストでご説明します。

1. 寝ることも可能で余裕のあるサウナルーム
木のぬくもりを感じる室内は10名程度が利用できる落ち着いた空間となっています。

2. 火力最強の特製サウナストーブ
広いサウナルームに十分の高出力、オーナーが一目惚れしたというデザイン!美しい。

3. 圧倒的な質量のサウナストーン
ストーブの下から上まで天高く積み上がったサウナスートンは一つ一つが大ぶりでしかもすごい量です。いくらロウリュしても冷えきることはありません。

4. 水蒸気爆発のようなロウリュ
上記のサウナストーブとサウナストーンに、これまた見たこともないような大きさの柄杓で水をぶっかけると、リラックスモードから一気に熱波地獄に誘われます。

5. 「飲める」水風呂
地下水を組み上げている水風呂は2セット(室内と室外)にあり、飲水としても蛇口で提供されています。サウナ室からの導線も考えられており、熱波地獄からのヒール効果は絶大です。

6. 雄大な自然と一体化する外気浴
広大な草原のど真ん中で、風が草を揺らす音を聞きながらひとりぽつんと外気浴をしていると、自然の静寂が最高にリラックスさせてくれます。そして牧場にいるかわいい牛たちも、まるで高級ホテルのスタッフが出迎えてくれるかのような安定感で静かに我々を見守ってくれています。そんな空間で瞑想すると脳からじわ~っと何かが分泌されます。

7. 最高クオリティの施設・アメニティグッズ
ここは高級ホテルなのか?と思うくらいのクオリティです。サウナには、大きな暖炉と厨房施設や自動水洗トイレ付きのパーティ用の施設(20人くらいは休めるくつろぎ空間)が併設されています。テーブル、ソファなど目につくものすべてが洗練されたデザインで大自然のなかに異空間がつくられています。

サウナ.png

結局2時間で6セットくらい楽しみましたが、1セット目から極上の「ととのい」体験を味わうことができました。

施設ではBBQなどの食事も楽しめるようなので、次回はそちらも頼んでみたいと思っています。

まとめ

「疲れたらいつでも帰って来い。。息が詰まったらいつでも帰って来い。。国に帰ることは...恥ずかしいことじゃない。」
(「北の国から 87初恋」より抜粋)

これは、ドラマ「北の国から」で地元を離れて上京する息子に、不器用な父が語った言葉です。もしもあなたが人生に疲れたら、ここに来てリラックスして欲しいなと思います。

なお、師匠の強引なお誘いに導かれたメンバーの一人は、当日まで目的地(や目的地までの距離感)を知らなかったので、「ふらっと郊外でサウナを楽しむ会?」みたいなノリだったらしく「どうして朝に出発して夜帰るのだろう?」とトボけた様子に車内は大笑いでした。

移動は距離も時間も長かったですが、こういう会話も旅の楽しみの一つです。これからも、こうした北海道らしいブログネタで地元情報をお届けできればと思います。

【おまけ】昼食

ざるそば.jpg

十勝・新得町(そばの町)で有名な「十箱(とばこ)」でそばの風味豊かなざるそば大盛りをいただきました。そば好きは是非こちらもおすすめします。

お役立ち情報

▼コンサルタントに直接相談をご希望の方はこちら

▼北海道の求人情報をお探しの方はこちら

▼転職支援サービスへのエントリーはこちら

この記事を書いた人

北海道スタッフ

バックナンバー

イベント

2022.05.20

北海道 夏の風物詩 ライジングサンロックフェスティバル

こんにちは。リージョナルキャリア北海道スタッフです。そろそろ夏がやってきますね。 本日は筆者自身も愛してやまない、北海道の夏の風物詩『RISING SUN ROCK FESTIVAL/ライジングサンロックフェスティバル(以下RSR)』についてご紹介します。北海道への移住・Uターンをお考えの皆さんにも

その他

2022.05.18

「子どもの小学校入学」がU・Iターンを考える上でのターニングポイントになる方へ

こんにちは。リージョナルキャリア北海道のコンサルタント宮崎です。今回は、札幌市・札幌市近郊の小学校に関わる情報をご紹介します。 はじめに 私自身、道外の地方都市に10年在住し、長女が9歳の頃にUターンをしました。子どもが小学校に上がるタイミングで地元に戻れたら、住むエリアや、家の購入などのお金のシミ

企業

2022.05.13

リージョンズはレバンガ北海道を応援しています

こんにちは。リージョナルキャリア北海道のコンサルタント新井です。 今回は弊社がスポンサーとなっているプロバスケットボールチーム「レバンガ北海道」を取り上げます。リージョンズは2022年1月からオフィシャルパートナーとなっており、人材採用の面での支援を行っています。 レバンガ北海道について 北海道に

その他

2022.05.11

地元出身の作家を読む―生誕100周年・北海道旭川出身 三浦綾子

小説を読もうと思ったとき、皆さんは何を基準に選ぶでしょうか。映画化されたもの。SNSで話題になっているもの。ミステリやファンタジーなど好きなジャンルのもの。はたまた、愛してやまない作家がいて、その作家の新作を追いかけ続けている方もいらっしゃるかもしれません。 弊社はUターン転職のお手伝いをしていま

転職ノウハウ

2022.05.09

北海道の上場企業へ転職を目指す前に知っておきたいこと

こんにちは。リージョナルキャリア北海道のコンサルタント、辻井です。 私たちは転職コンサルティング会社として、日々転職希望者の方々と面談の機会を頂いておりますが、転職先としての希望条件に「上場企業」を挙げる方が一定数いらっしゃいます。そこで今回は、上場市場の区分見直しの話題から、北海道の「上場企業事情

他の記事を検索する

検索

ページトップへ戻る