地域情報ブログ

イベント2023.05.01

エスコンフィールド Fビレッジへ行ってみた(オープニングイベント編)

こんにちは。リージョナルキャリア北海道のコンサルタント、伊藤です。

今回は、3月30日にオープンしたばかりの北海道日本ハムファイターズの新球場、エスコンフィールドHOKKAIDO 、BALLPARK F VILLAGEのオープニングイベント「F VILLAGE STARTING LIVE! 2023」に行ってきましたので、ご紹介します。

当施設についての概要や施設の詳細は、2023年4月26日掲載の下記ブログに記載されています。アクセス方法などもご確認いただけますのでぜひご覧ください。

北海道ボールパークFビレッジに行ってみた|リージョナルキャリア
thumbnail
へのU・Iターン転職を支援するキャリアコンサルタントがお届けする地域情報・キャリア情報ブログです『北海道ボールパークFビレッジに行ってみた』/リージョナルキャリアは「大切な人のそばで、らしく暮らす。心が安らぐ街で、あつく働く。」をテーマに、地方での理想的なキャリアの実現を支援しています。
https://www.regional.co.jp/staffblog/detail/14725
画像1.png

※画像引用:北海道ボールパーク 公式サイト(最終閲覧日:2023年5月1日)

「F VILLAGE STARTING LIVE! 2023」

今回筆者が参加したこのイベントは、HOKKAIDO BALLPARK F VILLAGEの開業を記念し開催されたこけら落としイベントで、開幕戦目前の3月28日(火)に開催されました。

このエスコンフィールドのコンセプトは「プロ野球の試合だけではない新しいライブエンターテイメントの発信基地」。

全方位からの音と光の演出、また世界最大級のビジョンを使った迫力ある映像で、豪華アーティストによるライブを体験することができました。

イベントを盛り上げるMCは、北海道出身の俳優・大泉洋さん、そして松岡茉優さん。さらに、トークライブにはスペシャルゲストとしてEXITのお二人が登場。メインイベントとなる音楽ライブには下記の豪華アーティストが登場しました。

歩いて会場へ

画像5.jpg

※以下掲載写真はすべて筆者撮影。

北広島駅から歩いて移動しました。所用時間は徒歩で約20分ほど。

画像6.jpg

こちらが入口です。薄暮の空と、美しくライトアップされた建物のコントラストがとてもきれいです。

画像7.jpg

入場すると、すぐ目の前に球場が広がります。

既に開場時刻を過ぎていたため、会場には多くの人が。目の前に壁が無いからか、なんと言いますか、とても開放感があります。

エスコンフィールドの広さを、屋内に入った瞬間に感じることができました。

開園前にフードやドリンクを調達しようと思っていましたが、フードコーナーやドリンクコーナーには既に長蛇の列...。

正直購入することをあきらめそうになるほどの混雑でしたので、野球観戦の際は早めに到着、フード類の購入をすることをおすすめします!

いざ着席

今回はスタンド2階席1列目の席でした。ブロック最前列ということで、前に人がおらず、かなり視界良好!!神席!!!!ステージの上手で、肉眼でも演者の方のお顔を認識できるくらいの距離でした。

画像8.jpg
画像9.jpg

開演に先立って、まずはファイターズガールによる「きつねダンス」。なんだかこのきつねダンスの音楽が流れた瞬間、いよいよオープンしたんだなぁ、と感慨深くなってしまいました。

そしてこのあと、杉谷拳士さん(元北海道日本ハムファイターズ選手)なども登場しイベント開始前に会場を盛り上げました!

いよいよライブがスタート!

画像10.jpg

MCの大泉洋さん・松岡茉優さんの絶妙で最高なトークと共に、ライブはスタート。各アーティストのライブアクトはもちろんのこと、館内の各地から中継で結ばれたEXITのお二人による会場レポートもありました。

個人的に驚いたのは、この会場レポートでのサウナからの中継シーンです。そこから見える球場は本当に至近距離!いつか行ってみたいと思いました。

ライブ中はアーティストとの距離が近い!また声出しも解禁!ということで、歓声が飛び交っていました。また客席で揺れるペンライトも美しく、会場が一体化しているように感じました。

そして何より、アーティトはセンターステージで歌うだけではなく、気球に乗って飛びながら歌ってくれたり、車に乗って登場したり、スタンディングトロッコで一周してくれたり...と、全体に向けてパフォーマンスしてくれため、どの席の方でも楽しめるような構成になっていました。

フードスペースでも壁など遮るものがないため、十分音が聞こえ楽しめたと思います。

光の演出、世界最大級のビジョンを使った迫力ある映像を駆使した、最高なライブアクトでした。

(筆者お目当てのINIとトラビスジャパンも、それぞれ4∼5曲ほど歌ってくれました。最高でした。かっこよかった。眼福でした。)

なんとか手に入れたフード

画像13.png

こちらの写真は、メインフロアの「七つ星横丁」内にある「麺屋 優光(ゆうこう)」でなんとか購入できたラーメンです。

会場が暗かったため写真も鮮明ではないのですが、とても美味しくいただきました!(推しを見ながら食べるラーメンはなぜか格段に美味しかったです!)

この日は開演時刻の19:00には全フードがクローズとなってしまったのですが、その前に会場内で買っていたフードやドリンクであれば、開演中でも飲食可能でした。

ライブを観ながら飲食、というシーンはこれまで経験がなかったので、それが個人的にはなかなか新鮮でうれしかったです!

最後に

今回、「エスコンフィールドFビレッジ」のイベントに参加してみて、ここは単なる野球場ではなくライブイベント会場としても最高の会場だ!と感じました。

さまざまな会場でさまざまなアーティストの公演に参戦してきている筆者ですが、音の響き、会場の演出、ビジョンの大きさ...すべて最高だと思いました。ライブにもうってつけの作りとなっているのではないでしょうか。

この「Fビレッジ」構想は、北広島市を中心に、北海道を巻き込んだ「まちづくり」を目的にスタートしたプロジェクトということですが、今後は野球以外のイベントもいろいろと企画されているようです。

今回は回り切れませんでしたが、この周辺にはおいしそうなごはん屋さんやカフェ等もたくさんあるようですので、筆者は野球のみならず「遊びに/飲みにいけるスポット」として今後も通いたいと思いました。

皆さまもぜひ、機会を作って出かけてみてくださいね!


▼北海道専任のコンサルタントへのキャリア相談はこちら

個別キャリア相談会 開催一覧

▼北海道の公開求人はこちら

北海道求人 一覧

バックナンバー

企業

2024.06.12

【企業紹介】びっくりドンキーを運営する「株式会社アレフ」の求人情報

こんにちは。リージョナルキャリア北海道のコンサルタント、新井太樹です。 今回は、札幌市白石区に本社を持つ「株式会社アレフ」の求人を紹介します。 ※情報参照:株式会社アレフHP ※画像引用:株式会社アレフHP(最終閲覧日:2024年6月12日) 株式会社アレフの成り立ち 株式会社アレフは1967年に岩

企業

2024.05.31

【企業紹介】気球による宇宙遊覧フライトの商業運航を目指す「株式会社岩谷技研」の求人情報

こんにちは。リージョナルキャリア北海道のコンサルタント、新井太樹です。 今回は、江別市に本社・開発拠点を持つ宇宙ベンチャー企業「株式会社岩谷技研」の求人を紹介します。 ※情報参照:岩谷技研HP、 PR TIMES/株式会社岩谷技研 この投稿をInstagramで見る

企業

2024.05.30

Rapidus株式会社(ラピダス)の北海道千歳勤務(リモート含む)求人まとめ

こんにちは。リージョナルキャリア北海道のコンサルタント、新井太樹です。 以前からブログでも紹介させていただいており、Rapidus(ラピダス)社の採用に関して、多くのお問合せをいただいております。 これから北海道において採用が活発化するRapidus社の求人一覧をまとめましたので、ご応募を考えられて

企業

2024.04.08

【企業紹介】地域と共に歩む、コープさっぽろの改革スピリットとDX推進

こんにちは。リージョナルキャリア北海道のコンサルタント、宮崎です。 「コープさっぽろ」と聞くと、地元の多くの方はまずスーパーを思い浮かべることでしょう。 実際、帝国データバンク北海道支店(*1)によると、コープさっぽろはの2007年~2019年まで北海道のスーパーストア売上高ランキング13年連続「第

その他

2024.03.29

【現地レポート】上士幌町の先端技術を駆使したまちづくりの現場を見てきました

こんにちは。リージョナルキャリア北海道のコンサルタント、千葉です。 先日、上士幌町にワーケーションに行ってきました。 2月に実施した斜里町ワーケーションと同様に、北海道上士幌町デジタル推進課 梶達課長に弊社主催 RESIBON BAR にご登壇いただいたことをきっかけに今回のワーケーションが実現しま

他の記事を検索する

検索

ページトップへ戻る