リージョナルHERO

転職成功者インタビュー

リージョナルキャリア北海道で転職した方々に体験談をお聞きしました。

挫折も多かった人生、やりがいのもてる仕事に出会い大成功!

株式会社ダイヤ書房
岩井恭介さん(仮名・営業) 27歳

転職回数
1回
転職期間
エントリーから内定まで90日間

バンド活動の夢を抱いて大学を中退。夢をあきらめて入社した会社での営業の仕事は厳しいものだった。自身の営業成績は比較的良く収入面では恵まれていたものの、人の入れ替わりの激しい職場に馴染めず転職を決意。生活基盤は動かさずに新たな職場探しに向かった岩井恭介さん。転職を決めて2年の現在、「つくづく早く決断してよかったと感じています。面接により、トップの人柄や会社の考え方、将来性などデータだけではわからないことを知ることができたのが良かったです」と思いを語ってくれた。転職後、子供も生まれ家庭生活も充実しているという。大学生活、バンド活動、最初の就職と挫折はあったが、あきらめることなく満足できる仕事に出会えたリージョナルHEROの転職プロセスをお聞きした。(※本記事の内容は、2015年8月取材時点の情報に基づき構成しています)

転職前

業種
システムコンサルティング
職種
ソリューション営業
業務内容
中小零細企業を対象とした、法人向けのOA機器、ネットワーク商材の提案営業

転職後

業種
商社
職種
営業
業務内容
大学・専門学校に対する進学情報広告媒体の提案営業

自分らしさを発揮でき、やりがいを感じられる環境を求めて。

現在のお仕事はどんな内容ですか?

当社は書店を展開する会社ですが、一方で全国の高校生に大学や専門学校を紹介する進学情報誌を制作・発行しています。私はその部門の営業担当として2年ほど前に入社しました。営業先は北海道、中四国、九州の担当校です。既存のお客様に対するルート営業とともに新規開拓も行っています。年間に発行される数種の媒体のご案内と新規メディアの紹介で、電話やメールでの営業に加え、年に数回、現地にも出向いています。

入社前のご経歴を教えてください。

大学生の頃からバンド活動をしていて、本格的にプロになりたいと考え大学を中退しました。しかし結局夢を実現することはできず、札幌のOA機器販売代理店に営業職として入社しました。法人営業が中心で営業目標はかなり厳しかったのですが、私自身は在籍期間中ほぼ目標達成していました。お客様とコミュニケーションをとりながら、商品やサービスを紹介する営業活動には向いていると感じていました。

転職のきっかけは?

営業成績はわりと良くて会社から評価もされていたのですが、新規専門の部署で、契約後は別の担当者に引き継ぎ、自分自身がそのお客さんと長くお付き合いすることがなかったことに物足りなさを感じていました。それでも営業活動そのものは好きでしたから、商品や営業スタイルの異なるところで、営業職として自分らしく力を発揮できないかと考えるようになったのです。そこで、地元・札幌圏内で引き続き生活を続けながら働ける職場を探すことにしました。

転職活動はどのように進めましたか?

ある求人サイトに登録していたのですが、リージョナルキャリア北海道のコンサルタントに声をかけてもらい、「ぜひ紹介したい会社がある」ということで、求人会社の紹介を受けることになりました。コンサルタントの方には、仕事の意義を強く感じながら将来性のある仕事を長く続けて行きたいという希望を伝えて、会社を紹介してもらいました。

今の会社に決めたポイントは?

しっかりとした会社だという第一印象が大きかったですね。安定しているし、社会的にも認知された業界だと思いました。もうひとつの大きな理由は、面接などでお会いした社長や取締役の皆さんがとても温かい、素敵な方たちだと感じられたこと。この方たちと一緒に仕事をしてみたいと思ったことが決め手です。私自身の経験からも進学先と就職先のミスマッチや職業選択の難しさを感じていたので、「進学情報誌」の発行に関われることの意義も感じました。同じ営業と言っても、以前よりずっと大きなやりがいを持って仕事ができると思いました。

仕事の充実感が、家庭生活にも好影響を与えた。

転職していかがでしたか?

希望していた通りの仕事で、やりがいを感じて取り組んでいます。さらに、最近は担当エリアでの高校生向け進学相談会の企画や運営も任されるようになり、充実感が増していますね。今の部署の中だけでも、もっとやれる仕事がありそうで楽しみです。待遇的には少し下がったのですが、それ以上のやりがいがありますし、将来も展望できますので総合すると大成功だと思います。また、面接で訪れたときにも感じたのですが、当社は社員の年齢が幅広い会社です。以前の会社は入れ替わりも激しく、あまり年齢の高い方は残っていませんでした。それに比べ、ベテラン社員も多く、経験豊富な方の話を聞いたりアドバイスをいただけるのがありがたいと感じています。先輩たちを自分の目標として捉えられる環境に感謝しています。

生活面での変化はいかがですか?

長期出張がどうしても多くなるので、家族と会えない期間があるのは少し寂しいです。でも札幌にいる間は時間を上手にコントロールして、家族との時間を作るようにしています。前職の時は営業成績に一喜一憂して、それが家庭生活に影響するようなこともあったかと思いますが、現在はそのようなこともなく、子どもが生まれたこともあり家庭はずいぶん明るくなりました。

困っていることや課題はありますか?

転職して2年が経ちますが、今のところ困っていることは一切ありません。営業ですから、当然目標とする数字はありますが、それ以外の貢献もできる社員になりたいと考えています。個人成績をこれからも継続的に達成すること、さらには在籍する部署や会社の活性化みたいなことにも提案や貢献のできる人材になりたいと考えています。

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

年齢にもよりますが、転職するならできるだけ早く次のスタートが切ったほうが良いと思います。ずるずると引き延ばさないで早めの行動と、できるだけ信頼のおける専門の方のアドバイスを受けることをお勧めします。

担当コンサルタントから

リージョンズ株式会社 
千葉 悠樹

岩井さんとのお付き合いの始まりは、スカウトメールをお送りしたことでした。お会いした第一印象は誠実でエネルギッシュ。お話をお伺いすると、学生時代の夢が実現できなかったことを機に、まずは仕事に就くことを優先、「就職できる」先を選び、営業職として入社後は、持ち前の負けず嫌いな性格を発揮し、これまでトップクラスの成績を継続してこられたとのことでした。しかしその反面、自身の仕事の意義や将来性、顧客への貢献を感じられない営業スタイルに、“くすぶっている”という印象も受けました。ご紹介した企業は岩井さんのくすぶっている想いを開放し、活躍していただけると思った企業。面接では、岩井さんの想いと企業の想いが重なるのを感じ、ご活躍をありありと思い描ける場となりました。ご入社後、「想い」を原動力に能力を発揮され、ご活躍されていることを伺い、出会いに携わることができたことを大変嬉しく思っております。

転職成功者インタビュー一覧

ページトップへ戻る