リージョナルHERO

転職成功者インタビュー

リージョナルキャリア北海道で転職した方々に体験談をお聞きしました。

もっと自分の力を発揮できる場所へ!諦めずに目標だった株式上場を実現。

北海道歯科産業株式会社
岩切明弘さん(仮名・事務系総合職) 36歳

転職回数
4回
転職期間
エントリーから内定まで38日間

岩切明弘さんは32歳のときに東京から札幌にUターンし、複数の企業で株式上場の準備業務に携わってきた。しかし、社内事情などによって上場は結局、実現できずじまいだったという。「株式上場を最後までやりとげたい!」という気持ちが強くなっていった岩切さんは、知人のすすめもあって転職活動を決断。リージョナルキャリア北海道の紹介で今の会社と出会い、入社1年後には目標だった株式上場を成し遂げた。「感無量でした。どこかであきらめていたら、今の結果はなかった。チャレンジしてよかった!」と語る岩切さんの転職体験談を紹介しよう。(※本記事の内容は、2021年1月取材時点の情報に基づき構成しています)

転職前

業種
IT
職種
管理業務全般
業務内容
総務、経理、上場準備担当

転職後

業種
歯科卸売販売業
職種
管理業務全般
業務内容
総務、人事、経理、システム、上場準備担当、IR担当、内部監査担当

株式上場を成し遂げたい。目標を実現できる環境を探して。

現在のお仕事はどんな内容ですか?

「北海道歯科産業」は、北海道内の歯科医院や歯科技工所向けに歯科医療用の材料や器械の販売および器械メンテナンス、開業支援などを行っている会社です。私は総務経理部長として、総務、人事、経理などの管理業務全般と株式上場やIR関連業務を担当しています。特にこの1年は上場の準備に奔走していました。

入社前のご経歴を教えてください。

大学まで北海道で過ごした後、東京に本社がある大手企業へ就職しました。石油化学製品の法人営業を4年経験した後、経理部門で石油化学事業部門全体の予算作成や製品別原価計算などの収支管理業務を3年経験。次に製造現場での経理業務を1年経験しました。そして、32歳のときに札幌にUターンしました。最初は半導体製造装置メーカー、その次は人材紹介のベンチャー企業、IT系のベンチャー企業で勤務しました。Uターン転職先の職種は経理担当でしたが、そこでは担当から主任、課長へとステップアップし、以降勤めたベンチャー企業では経理・総務など管理部門の責任者として、仕事に取り組みました。また、札幌に帰ってからは、携わった会社の進捗状況というかステージは各社違いましたが、一貫して株式上場の準備に携わっていました。

転職したきっかけは?

直前の職場では、自分の仕事スタイルと会社の風土がマッチせず、力を発揮できていないと感じていました。そういった状況下で、身近な人に相談してみたところ、「何も動かないで考えているよりも、一度動き出してみて、視野を広げてみるのもいいんじゃないか?」と助言を貰い、転職活動をしようと思い立ちました。

転職活動はどのように進めたのですか?

まずは、人材紹介会社に登録しました。あとはヘッドハンターに相談したり、知人に相談したり、自分の持てる手段はすべて使って探しました。前の職場で採用担当をしていたので、以前からリージョナルキャリア北海道のことも知っていて、地場企業との接点が多くて地元転職に強いという印象がありました。転職の希望は、勤務地は札幌で、転勤がないこと。仕事は経理や経営企画など、今までのキャリアが活かせる仕事を希望しました。すると全部で10社ほどを紹介してもらえました。

今の会社に決めたポイントは?

実際に上場準備のフェーズに入っていて、そういうキャリアを持つ人材を求めていることが、一番でした。私自身、ずっと上場準備に携わってきましたが、結局、実現できずじまいだったので、「最後までやりとげたい!」という気持ちが強くありました。業種はこれまでと全く違いましたが、ゼロベースで新しいことにチャレンジできそうだと思ったので、前向きに捉えていました。職場の雰囲気については、やはり気になっていたので、面接でしっかり質問しました。その後、社長とも会食に行く機会を設けてもらい、会社のことや事業のこと、そして上場に対する考えなどを率直に聞けたので、安心して入社できました。

協力体制のある職場。ストレスもなくなり、目標実現へ邁進!

転職していかがですか?

入社時は、上場準備についてはまだ課題が山積みの状態でしたが、ギャップはなかったですね。まずは経理や会計をチェックして、決算業務のてこ入れから始めました。並行して内部監査や規程づくりも担当することになったので、社長に直接、会社のことを教えてもらいながら作業を進めていきました。

中途入社で、仕事がやりづらいと感じることはありませんでしたか?

それはまったくなかったです。私にとって幸運だったのは、直属の上司である管理本部長も、中途で入って1年くらいだったのですが、実務もバリバリこなしていたので、社長と管理本部長と私の三人四脚で上場準備を進めることができました。社長も細かいことは言わず、やり方や進め方を私達に任せてくれましたので、とてもやりやすかったです。社内のマネージャークラスや担当者も非常に協力的で、大変助かりました。管理本部長による事前準備がある程度進んでいたのと、社内の協力体制があったからこそ、結果的には私が入って1年という短期間で上場を実現できたんだと思います。上場が実現したときの気持ちは、もう感無量でしたね。「やっとできた!」という大きな達成感を得られました。

困ったことや課題はありますか?

仕事で困ったことはないのですが、上場準備で忙しくなったので、帰りは遅くなりました。休日もけっこう仕事をしていましたし、子どもたちからは「寂しい」と言われました(苦笑)。でも上場の目標期日が決まっていたので、そこは割り切って「この1年だけは!」と踏ん張ったんです。目標は実現できましたし、社員に残業をしないよう呼びかける立場でもあるので(笑)、今後はちゃんとメリハリをつけていこうと思っています。

転職してよかったと思うことは?

まずは社内でのコミュニケーションが取りやすくなったことで、働く環境が良くなりました。本当にのびのびと仕事ができていますし、頼りにもされておりますので、期待に応えたいと思いながら働けています。また、これまで、部下を持つ責任者という立場で働きながら気づいたことがあります。それは、「1人でできることは限られている」ということ。私も20代でプレイヤーとして働いていたとき、最後は自分が頑張ればいいや、という気持ちで働いてきましたが、30代で一つの組織というかチームを任せられたときに、自分1人でいくら頑張っても、限界があることに気づいたんですよね。でも、自分にはチームのメンバーがいて、そのメンバーが集まって、同じ方向を向いたら、成果が大きく変わってくる、ということがよく分かりました。ですから今は、自分が100%の力を出せるよう努力するだけじゃなく、一緒に働く人たちが100%の力を発揮できるようにしていくことがより重要だと思っています。そこに気づけたことは、私にとって大きな収穫でしたし、仕事に対する考え方が変わった一つのターニングポイントだったと思います。

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

今の会社は、規模は小さいのですが、だからこそ任される仕事の範囲も広く、自分の経験値も増やすことができます。そして、経営者に近いところで働けるのも、中小企業の魅力なので、会社の規模にこだわる必要はないのかなと思いますね。私はこれまで、4回転職を経験してきました。それは、「やらない後悔より、やった後悔のほうがいい」と考えてきたからです。それぞれの会社での経験が今、私の財産になっていると思いますし、どんな経験も無駄じゃなかったと思っています。それと今改めて思うのは、どこかで変に我慢していたり、何もせず諦めていたりしたら、今の結果はなかったということ。やはり、チャレンジしてきてよかったと思いますし、皆さんの新しいチャレンジも応援したいと思います。

担当コンサルタントから

リージョンズ株式会社 
大場 愛弓

岩切さんには仕事終わりに面談にお越しいただき、1時間ほどじっくりとお話をしたのを覚えています。職場環境面への違和感や、上場を実現できないもどかしさを抱え、再度上場を実現できる企業に移るべきかを悩む一方、これまでもハードに働いてきたことから上場は断念し、家族との時間を優先していくべきか思案されていました。そんな中、上場実現を本気で目指しており、かつ職場環境の面でも安心いただけそうな同社であれば、上場に至るまでの一時的に負荷がかかったとしても乗り越えて頂けるのではないかと思い、面談の場でご紹介をさせて頂きました。入社して約1年、企業にとって、また岩切さんにとっても目標としていた上場を達成されたことを大変うれしく思っています。

転職成功者インタビュー一覧

ページトップへ戻る