リージョナルHERO

転職成功者インタビュー

リージョナルキャリア北海道で転職した方々に体験談をお聞きしました。

大手の安定性とベンチャーの面白さ。地方だから出会えた新しいキャリアの可能性。

北海道放送株式会社
市原透さん(仮名・メディアストラテジスト) 35歳

転職回数
3回
転職期間
エントリーから内定まで60日間

市原透さんは、東京から北海道へのIターンに成功したリージョナルヒーローだ。前職と前々職は、東京に本社を持つIT企業と、大手広告代理店のプランナーとして活躍していた。「より自分らしく働ける環境」を模索して転職サイトに登録したものの、期待したような会社となかなか出会えない。これからどうするべきか、迷っていたところにリージョナルキャリア北海道から紹介されたのが、今の会社だった。放送ビジネスの可能性に加え、北海道は奥様の出身地。「このタイミングを逃したら、北海道で暮らすチャンスはないかもしれない」と考え、転職を決断した市原さんに、転職活動の感想や北海道の住み心地を聞いた。(※本記事の内容は、2020年8月取材時点の情報に基づき構成しています)

転職前

業種
IT
職種
マーケター、プランナー
業務内容
企業の課題とユーザーの検索傾向をもとにした商品開発、メニュー開発、企業のマーケティング支援

転職後

業種
放送
職種
メディアストラテジスト
業務内容
メディア戦略、コンテンツ企画

「まだまだ放送局にやれることはある」TVの可能性を感じ、転職を決意。

現在のお仕事はどんな内容ですか?

北海道で最も長い歴史を持つ民間放送局「北海道放送(HBC)」のメディア戦略部で働いています。職種は、あえて名前をつけるなら、「メディアストラテジスト」でしょうか。最近は若者を中心に、テレビやラジオだけでは情報が届かない人たちも増えています。そういう人たちにいかに情報を届けていくのかが、我々メディア戦略部の大きなテーマです。具体的な取り組みとしては、テレビのコンテンツをWebサイトやSNSに落とし込んだり、逆にWebを起点にテレビやラジオのコンテンツにつなげたりと、様々な仕掛けづくりに取り組んでいます。

入社前のご経歴を教えてください。

生まれも育ちも東京で、都内の大学院でデザイン工学を学んだ後、大手広告代理店に就職。プロモーションプランナーとして5年間働きました。幅広い業界の企業を担当し、メディアニュートラルな視点でプロモーションの企画・実施を担当しました。その後、料理レシピの検索サイトを運営するIT企業に転職。ビッグデータをもとにクライアントに新しい商品開発やメニュー開発などを提案する仕事に3年ほど携わりました。

転職したきっかけは?

1回目の転職については、広告代理店の仕事は好きだったのですが、忙しすぎてやりたい仕事まで断らざるを得ない状況でした。そこで、データを活かすマーケティングを勉強してみたかったので、IT企業に転職しました。ところが、働いているうちにだんだん、本来やりたかったコンテンツ作りから仕事内容が離れていったんです。そこで、転職サイトに登録して情報収集をしてみたというのが今回の転職のきっかけですね。

転職活動はどのように進めたのですか?

転職サイトに登録すると、いろいろな企業からメールが届きました。なかでも、東京にある食品メーカーのマーケティング職に魅力を感じ、前職の上司にも意見を聞いてみたんです。すると、「メーカーだと1つのジャンルの商品をずっとやらないといけなくなる。マルチタスクで仕事をしてきた人間には、物足りなくなるのでは」とアドバイスされまして。ちょうどその頃、会社が新規事業を始める話もあり、転職すべきか、異動すべきか、迷っていたときにリージョナルキャリア北海道から今の会社の求人紹介メールが届いたんです。それまで、放送局という選択肢は頭になかったのですが、求人をみて、「確かにありだな」と思いました。しかも、妻が札幌出身だったんです。「いつかは戻りたい」という気持ちがあることも知っていたので、応募してみることにしました。

今の会社に決めたポイントは?

会社の可能性を感じたことです。今までの会社で、十分すぎるほどテレビの影響力を肌で感じてきました。以前ほどではないにしろ、テレビにはWebにない強さ、人々に行動を起こさせる力があると実感していたんです。しかも北海道は、冬は家にいることが多いということもあり、全国的にテレビがよく見られている地域なんですよ。そういった意味でも、テレビの力を発揮できるエリアだと思いましたし、まだまだ放送局にやれることはあるはずだという可能性を感じました。

東京に対するこだわりはなかったのですか?

それは特になかったですね。北海道には仕事やプライベートで定期的に行っていて、生活環境がいいことはわかっていましたから。私自身もそれまでずっと東京で生活してきて、このタイミングを逃すと、東京以外の場所で働くチャンスはないと思いましたし、1度くらいはそんな経験をしてもいいなと思ったことも決め手になりました。

課題はある。でもだからこそ、もっと成長できるはず。

転職していかがですか?

現在はWebサイトやSNSの更新を日常業務として受け持ちつつ、新たな提案を模索しているところです。特に最初の1年は社内のコミュニケーションに注力しました。部署と部署の間に入って橋渡しをする役割でもあったので、テレビやラジオの制作や営業など、様々な社員とミーティングの場を持ったり、こちらから足を運んで情報収集したりしていました。ネットやデータの活かし方については正直、IT企業に比べるとまだまだ改善の余地があると感じました。でもだからこそ、やりがいも感じています。社内の意識を変えていき、プラスアルファの価値を作っていけたら、さらに大きく成長できるはずなので。下半期からはメディアを複合的に使った新しいプロジェクトも動き出す予定です。

人間関係はいかがですか?

まったく問題ありません。北海道で働き始めて感じたのは、社内の人たちがみんな、すごくやさしくて、柔和な人たちばかりということ。ですから、コミュニケーションもしやすいし、働きやすいです。

生活面でも変化がありましたか?

現在は、札幌市内の賃貸マンションで暮らしています。間取りは2LDKで、東京時代と比べると家賃はほぼ半分になりました。地下鉄で通勤していますが、車内の混み具合は全然違いますね。家に帰る時間も転職後は早くなりました。広告代理店時代は、終電に間に合わず、ほぼタクシーで帰る毎日。IT企業時代はそれより少しましになりましたが、仕事を家に持ち帰っていました。家族が寝静まっていた後に仕事をしていたのですが、今はそういうこともなくなりました。札幌に来て車を買ったのも、大きな変化です。近場に山や自然が多く、家族で遊べる場所がたくさんあるので、休日は家族でよく出かけるようになりました。子どもも大きくなってきたので、今度の冬は一緒にスキーをしたいな、と楽しみにしています。また徒歩圏内にある公園でも、芝生のスペースが広いので、子どもをのびのびと走らせることができます。

困ったことや課題はありますか?

特にないですが、来る前には不安はありました。まずは収入が減ることですが、札幌は家賃も安いし、東京時代は外食も多かったので、そんなに心配することはないかなと思っていました。ただ、こちらに来て車を買ったので、その費用や駐車場代など、東京時代にはなかった経費もかかるようにはなりましたね。また、東京の知り合いに会えなくなることについても当初は寂しいと思っていましたが、休日は家族で過ごすことがほとんどなので、実際はほとんど問題ありませんでした。仕事の面では、スピード感やメディアに対する考え方など、東京との違いを感じることはあります。でもそれを変えていくのが、自分の役割だと思っているんです。テレビ・ラジオだけに染まるのではなく、社員がいろいろなメディアをフラットな目でとらえることができるように、最近は社内勉強会も開催して、啓発を続けているところです。

転職してよかったと思うことは?

当社は、北海道を代表する企業の1つ。そんな会社で働けるのはとてもやりがいを感じますね。やりようによって、北海道に良い影響を与えられるメディアを作ることができますから。北海道を元気にできるような、「人」や「情報」のハブになる、そんな仕事を目指していきたいと考えています。それと同時に、この会社はこれから生まれ変わろうとしています。そういったタイミングに立ち会える面白さも感じていますね。また、歴史のある企業なので福利厚生がしっかり整っていて、手当などは今まで働いてきた会社の中で一番充実しているかもしれません。

住んでみて感じる北海道の魅力は?

まずは、先ほども言いましたが、人のよさですね。おおらかな雰囲気の人が北海道には多いと思います。自然や緑も身近にあり、時間がゆったりと流れているので、子育てもしやすいです。食べ物もおいしいし、生活の利便性も札幌だと不便を感じることはありません。あと、雪についても、いまだに積もるとテンションが上がります(笑)。周囲からは「3年いたら飽きるよ」言われますけどね。

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

ゆくゆくは地元に帰りたいとか、地方で暮らしたいと考えている人は多いと思います。それは引退後ではなく、若いうちから移って地方で頑張って働いて休みはゆっくり過ごせた方が最高ではないでしょうか。当社は北海道では歴史も実績もある企業ですが、今が変革の時期だと思っていて、「今後の10年後、20年後のために、自分たちの手で会社を変えていかなきゃいけない!」といったベンチャーマインドを持って働ける環境があります。北海道に限らず、地方にはそういう企業が多いのではないでしょうか。大企業の安定性とベンチャーの醍醐味を両方味わえるのも、地方で働く大きな魅力じゃないかと私は感じています。

担当コンサルタントから

リージョンズ株式会社 
荻野 智史

市原さんとの面談でこれまでのキャリアをお伺いすると、仕事熱心で環境に頼らず自分自身で成功を勝ち取っていく力をお持ちの方だという印象を受けました。ご自身にとってやりがいのある仕事を選びながら、ご家族のために札幌への移住を決めたいとの思いから、仕事内容、ご家族との時間、ワークライフバランス、収入をそれぞれ大切に考えた上で、北海道放送への入社を決められました。行動力があり、成果にもコミットされる方なので、転職後もご活躍されていると伺い、私も嬉しく思います。市原さんのポジションは同局にとって非常に重要なポジションなので、周囲からの期待も大きく、大変なこともあろうかと思いますが、今後も益々のご活躍を楽しみにしています。

転職成功者インタビュー一覧

ページトップへ戻る