ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 【リサーチ】コロナ禍における北海道企業の求人動向調査

2020.08.24 2020:08:24:12:00:00
【リサーチ】コロナ禍における北海道企業の求人動向調査

北海道へのUターン・Iターン転職を支援するリージョナルキャリア北海道において、北海道本社企業に対して「コロナ禍における採用動向アンケート」を行ったところ、140社より回答を得ましたので、以下にて調査結果をご報告します。



■調査結果 概要


◆アンケート回答企業の業種は、「サービス(27.9%)」「メーカー(21.4%)」「建設・不動産(16.4%)」の順に、従業員数は「99人以下(53.6%)」「100人~499人(37.1%)」「500人~999人(5%)」の順に多くなっています。

◆今後の採用見通しは、「採用数を増やす」が12.9%、「同数の採用を続ける」が42.1%となっており、「採用数を減らす」「採用をストップする」の合計が20%あるものの、企業の採用意欲は底堅いようです。




■調査結果 詳細(以下グラフはクリックで拡大)


【業種・従業員数】

<Q1.業種>
北海道chart (1).png



<Q2.従業員数>
北海道chart (2).png



【現在の採用状況】

<Q3.現在採用活動を行っている職種と想定年収を教えてください>
北海道chart (3).png



【新型コロナウイルス拡大の影響】

<Q4.新型コロナの影響に伴う今後の見通しを教えてください>
北海道chart (4).png



<Q4-1.「採用数を増やす」「同数の採用を続ける」理由を教えてください(複数回答可)>
北海道chart (5).png



<Q4-2.「採用数を減らす」「採用をストップする」理由を教えてください(複数回答可)>
北海道chart (6).png



<Q4-3.「まだ分からない」理由を教えてください(複数回答可)>
北海道chart (7).png



<Q5.「コロナ禍」における人事面の課題はありますか?(複数回答可)>
北海道chart (8).png



【調査概要】
■調査方法:Webフォームによるアンケート
■調査対象:北海道に本社を置く企業
■有効回答数:140社
■調査期間:2020年7月29日~8月16日




《調査結果 / 全国版》


全国では939社の企業より回答を得ましたので、以下にて調査結果をご報告します。



■調査結果 概要


◆アンケート回答企業の業種は、「メーカー(38.2%)」「建設・不動産(14.7%)」「サービス(14%)」の順に、従業員数は「99人以下(43%)」「100人~499人(39%)」「1000人以上(9.1%)」の順に多くなっています。

◆今後の採用見通しは、「増やす(7%)」「同数の採用を続ける(50.9%)」が全体の6割弱を占めており、企業の採用意欲は底堅いようです。
採用数を増やすと答えた業界は、「サービス(12.2%)」「教育・医療・福祉(11.1%)」「流通・小売(10.9%)」の順に多くなっています。「今だからこそ優秀な人材の採用を狙う」「いつも採用に苦戦している職種の採用に力を入れる」といった回答も見られました。

◆コロナ禍における人事面での課題では、最も回答が多かったのが「働き方の変化への対応」で、テレワークの導入や、テレワーク下での新人教育となっています。また、テレワークを希望する応募や、これまでにない就労体系希望者への対応を検討する必要があるといった声もあるなど、多くの企業にこういった課題感があることが浮き彫りになりました。




■調査結果 詳細(以下グラフはクリックで拡大)


【業種・従業員数】

<Q1.業種>
全体chart (1).png



<Q2.従業員数>
全体chart (2).png



【現在の採用状況】

<Q3.現在採用活動を行っている職種と想定年収を教えてください>
全体chart (3).png



【新型コロナウイルス拡大の影響】

<Q4.新型コロナの影響に伴う今後の見通しを教えてください>
全体chart (4).png


(参考)業種別
全体chart (5).png



<Q4-1.「採用数を増やす」「同数の採用を続ける」理由を教えてください(複数回答可)>
全体chart (6).png

(記述回答より抜粋)
◯コロナの事業への影響は軽微であり、今後の事業計画達成のために、各部門の責任者が複数必要なため(流通・小売)
◯不況下においては転職希望者が増える傾向にあり、当社のような中小企業にとっては採用面でチャンスにもなり得ると考えているため(メーカー)
◯働き方改革、組織体制の強化を進めており、中でもDXを推進するIT系・Web系人材の採用を強化しているため(商社)
◯数を求めての採用ではないが、良い人材がいれば随時採用して体制強化を続けていく(金融)



<Q4-2.「採用数を減らす」「採用をストップする」理由を教えてください(複数回答可)>
全体chart (7).png

(記述回答より抜粋)
◯コロナにより売上(利益)が落ち込んでおり、当面の採用経費を削減するため(サービス)
◯景気環境の悪化、生産減に伴う人員計画見直しのため(メーカー)
◯業界動向によっては同業他社から有能な人材が流出する可能性があるため、現在は様子を見るべきと判断している(メーカー)
◯コロナ禍の長期化を睨み、人員拡大よりも既存社員の多能化による生産性向上を進めたい(流通・小売)



<Q4-3.「まだ分からない」理由を教えてください(複数回答可)>
全体chart (8).png

(記述回答より抜粋)
◯コロナによる影響はまだ出ていないが、今後事業の進捗が遅れることになれば、その後に必要と考えていた人材が現時点では不要であるため(メーカー)
◯経営戦略としてのダウンサイジングが必須。人件費を増やさず固定費を圧縮し、アフターコロナに向けた対応を進める必要がある(サービス)
◯採用マーケットに人材が増えていることは実感しているものの、収益の先行きが不透明であり、人材補充と費用のバランスを見ているため(流通・小売)
◯働き方の変化に伴い、採用後の育成体制がまだ整っていないため(IT・通信)



<Q5.「コロナ禍」における人事面の課題はありますか?(複数回答可)>
全体chart (9).png

(記述回答より抜粋)
◯業務の合理化を進める必要があるが、リモート下においてその転換がうまく進んでいない(サービス)
◯テレワークを希望する応募など、これまでにない就労体系希望者への対応を検討する必要がある(建設・不動産)
◯コロナ禍においてはこれまで通りの採用活動は難しい。いかに候補者を集めるか、選考を進めるか戦略を立てる必要がある(IT・通信)
◯オンライン面接はコロナ以前より導入しているが、最終面接は来社してもらっている。最終もオンラインで実施が可能か検討している(メーカー)



■調査結果 業種別


◆IT・通信(112社)-PDF
◆メーカー(359社)-PDF
◆商社(58社)-PDF
◆流通・小売(64社)-PDF
◆サービス(131社)-PDF
◆金融(12社)-PDF
◆建設・不動産(138社)-PDF
◆教育・医療・福祉(27社)-PDF



【調査概要】
■調査方法:Webフォームによるアンケート
■調査対象:リージョナルキャリア展開拠点23道府県に本社を置く企業
※展開拠点一覧 https://www.regional.co.jp/company-list/
■有効回答数:939社
■調査期間:2020年7月29日~8月16日

PAGE TOP

求人検索
地域で探す
札幌市 函館市 小樽市 旭川市 室蘭市 釧路市 帯広市 北見市 夕張市 岩見沢市 網走市 留萌市 苫小牧市 稚内市 美唄市 芦別市 江別市 赤平市 紋別市 士別市 名寄市 三笠市 根室市 千歳市 滝川市 砂川市 歌志内市 深川市 富良野市 登別市 恵庭市 伊達市 北広島市 石狩市 北斗市 余市町
職種で探す
営業系 事務・管理・企画系 サービス、販売、運輸系 Web・クリエイティブ系 専門職(コンサルタント、金融、不動産) ITエンジニア 電気、電子、機械技術者 素材、食品、医薬品技術者 建築、土木技術者 教育、医療、福祉 その他
業種で探す
IT・通信 金融・保険 メーカー(電気・電子・機械系) メーカー(素材・消費財・医薬・食品・その他) 商社(電気・電子・機械系) 商社(総合商社・素材・消費財・医薬・食品系) 流通・小売・サービス 専門コンサル・ビジネスサービス 広告・出版・印刷・マスコミ 建設・土木・不動産 その他
注目キーワードで探す
上場企業 管理職 幹部 マネージャー 管理部門 30代 【キーワードを入力】
相談会情報を探す