採用が経営を変えた瞬間

企業TOPインタビュー

北海道を代表する企業の経営TOPに、事業ビジョンと期待する人材像についてお聞きしました。

ドラッグストアのその先へ。

サツドラホールディングス株式会社
代表取締役社長 富山浩樹

更新日:2016年11月25日

1976年9月5日生まれ(40歳)。
北海道札幌市出身。札幌大学経営学部卒業。99年4月ダイカ株式会社(現株式会社あらた)入社、2007年10月株式会社サッポロドラッグストアー入社。09年10月業務改革推進室長、10年4月営業本部長、11年5月取締役、12年5月常務取締役、15年5月代表取締役社長、16年8月サツドラホールディングス株式会社設立、代表取締役社長就任。
※所属・役職等は取材時点のものとなります。

ホールディングスを作った背景と今後の戦略

当社は1972年、スーパーマーケットの一角、わずか15坪の小さな薬店から始まりました。業界・顧客ニーズの変化に応え続け、薬店からドラッグストアへと進化して参りました。私たちがいま目指しているのは、お客さまの暮らしになくてはならない「生活インフラ企業」になること。サツドラというリアルな店舗ネットワークを活用して地域をつなぐプラットフォームをつくるためにカード事業などを展開する株式会社リージョナルマーケティングを2013年に新たに設立、2015年には新電力にも取り組み始めています。こうしたグループ全体の価値を飛躍させるために2016年8月16日に純粋持ち株会社「株式会社サツドラホールディングス」を設立しました。ドラッグストア「サツドラ」、カード「EZOCA」、「調剤薬局」、新電力「エゾデン」、健康に関する健康食品・医薬品メーカー「Wellness Navi」といったグループに新たに加えた事業が目的にあわせてスピーディーかつ柔軟に連携しシナジーを発揮することを目指しています。

3つの成長戦略

一つ目は「強固なリージョナル・チェーンづくり」です。ドラッグストア事業を核に地域密着型店舗で北海道内でのドミナント化を進めます。当社ではそうした地域密着型店舗を「生活密着のヘルス&ビューティーを核とした「生活便利ストア」」と呼び、これを小商圏(人口が少ない地域)でも成り立つお店にして展開していきます。また店舗名もサッポロドラッグストアーからサツドラへ名称変更するとともにデザイン性も追求、サツドラブランディングを推進します。ドラッグストア業界内での差別化は図りにくく、お客さまが競合店のチラシを見て来店され「何で値段が下がってないのか」と言われることもしばしばです。こうしたことからサツドラという個として見てご来店いただけるように、差別化を進めます。北海道内の人口は減っていきますが人口が減っても成り立つモデルで、しかもドラッグ対ドラッグというよりはコンビニとかスーパーとかホームセンターとか専門店などすべてが競合の中でわれわれの立ち位置はどうあるべきかを追求していきたいと思います。

コンセプトはリテール×マーケティング

弊社はチェーンストアを持っている強みを活かすことで拡げられる事業の幅があると思っています。一方カード事業エゾカはサツドラという店舗基盤がお客さまの近いことで事業ができる。接点が多いので梃子の原理で増やしていけますのでそうした強みを活かしていきたいと思っています。私は一番お客さまと接点がある小売自体がマーケティングしていかないといけないと思っています。日本の小売業界ではマーケティングという発想はまだ弱いと思っています。ナショナルブランド(以下NB)を売らせてもらっているというのが現状です。当然NBメーカーはマーケティング発想ですが小売はあくまでそれをどう売っていくかというところに留まっています。弊社もプライベートブランド(以下PB)を別会社で作り始めていますが、商品を作る側から使う側へと一気通貫で考えてみたときにメーカーだけでも、小売だけでもできないマーケティングの質を高めていきたいと思っています。

幅の広がり

リージョナルマーケティングがサッカーJ2のコンサドーレ札幌とコンシューマーマーケティング契約業務提携を締結しました。カード「コンサドーレEZOCA」を利用した買物の0.5%が北海道コンサドーレ札幌へ還元されるスキームです。「コンサドーレEZOCA」はEZOCA共通お買物券5,000円分プレゼントやカードに3,000円チャージするともれなく300円分のプレミアを付与するなどして会員を増強します。サツドラのお客さまを俄かコンサドーレファンにすることでコンサドーレの課題である若年層のファンの増強につなげることができます。さらに来場ポイントをつけているのでどの客層が何回試合に来たか何回来なかったかがわかります。また提携店でどんな買い物したかもわかります。このデータをもとにメーカーを巻き込み商品作りをしています。北海道限定ビールのクラシックを「サッポロ クラシック EZOCAコンサドーレ応援缶」としてサッポロビールさんから出しました。1缶お買い上げされるごとにリージョナルマーケティングから1円がコンサドーレ札幌に寄付され、さらにコンサドーレEZOCAをお会計時に利用すると、プラス1円が寄付される。このようにお客さまを動かそうと考えたときにいろいろな点から膨らますことが可能になっています。

今後について

2020年までに1000億円経常利益30億円を目指します。そこが最低限小売りの生き残りのラインだと考えています。小売業が皆そうであるように弊社も生活者の暮らしを変えていくことがその役割です。人材というところでは多様性というものが大事になってくると思います。ホールディングスにした目的の一つは人材です。世の中が大きく変わり事業も多岐に渡るなかで、多様性ある組織にしたい、いろんな方が集まってくる形態にしたいと思います。文化もそうですし経営形態としてもそうありたいです。リージョナルマーケティングや電力の会社などを始めたことで従来の小売りだけでなかなかは集まらなかった人材が入ることで双方にシナジーがでると思っています。北海道にもこんなグループがあるということをPRしていき、どんどん多様な人が集まってくる事業体にしていきたいです。

東証1部に指定替え、ストアブランドを「サツドラ」に変更、インバウンド消費向け新型店舗を観光地に出店、持株会社の設立と富山社長の社長就任前後の同社は傍から見ていてめまぐるしく変化しているように見えます。インタビューでも明らかなように、顧客と小売りの接点にいる同社はこの接点を起点に新しい顧客を開拓し、新しい商品を開発するなど点を線、そして面に展開していこうとトライアンドエラーを猛烈なスピードで繰り返しています。すべては富山社長のビジョンと事業への思いがこのスピードを生んでいるのだと実感しました。

関連情報

サツドラホールディングス株式会社 求人情報

サツドラホールディングス株式会社 転職成功者インタビュー

企業TOPインタビュー一覧

ページトップへ戻る