セミナー【WEBセミナー】北海道大学で働く選択肢を考える ~いま求められる「産学」の連携と活かせるビジネススキルとは~

日時
2024年06月18日(火)19:00開始~20:00終了
開催方法

<WEB開催>
ZOOMを利用した【WEB配信】形式で開催します(参加者限定の視聴URLを送付します)。
※参加者の機能は「視聴」「チャット」のみで、他の参加者の情報(映像・音声など)は
見えない仕様となっております。安心してご参加ください。

詳細

hokkaidoU_FV.jpg


大学の教授や准教授などの研究者が開発した研究シーズを、企業などを通じ社会で活用してもらうための「産学連携組織」が大学にあることを知っていますか。また、大学の研究シーズを元に、大学発ベンチャー創出を支援することも産学連携組織のミッションの一つです。

産学連携組織は、産業界(民間企業)と大学(教育・研究機関)の結びつきを強化することが重要な役割です。産と学の橋渡しや、技術移転活動・スタートアップ創出支援などで求められているのは「民間企業でのビジネス経験」です。コミュニケーション力、企画力、提案力、交渉力など、ビジネスの世界で培われてきたスキル・経験が活かせるフィールドが大学にもあるのです。


本セミナーでは、北海道大学における産学連携の現状についてお話ししながら、活かせるビジネススキルや、活躍できる人物像についてお伝えします
また、実際に民間企業から中途入社した経験者に登場いただき、Uターン転職経験や、現在の業務内容、暮らしの変化についてもお伝えします。


セミナーに申し込む




内容

■第一部 北海道大学における産学連携の業務内容と求める人物像

内容:
・北海道大学における産学連携活動の説明
・産学連携活動において必要な企業経験
・産学連携に必要なスキル・経験などの人物像
登壇者:北海道大学 / 産学・地域協働推進機構 副機構長 / 寺内伊久郎 氏
プロフィール:
大阪府出身。新卒で大手電機メーカーに入社し、製品の研究開発・技術開発を行った後、知的財産業務に従事。2014年3月より北海道大学にて知的財産権利化・技術移転活動などの産学連携活動全般に従事。知的財産部門長などを経て現職。


■第二部 民間企業から北海道大学へのUターン転職事例

内容:
・Uターン転職で北海道大学を選んだ理由
・現在の業務内容 / 民間企業との違い
・北海道で暮らす魅力 / 暮らしの変化
登壇者:北海道大学 / 産学・地域協働推進機構 産学協働マネージャー / 坂井洋平 氏
プロフィール:
北海道出身。新卒で大手部品メーカーに入社し、材料研究、量産技術開発、品質保証等の業務に従事。2022年12月にUターンを果たし北海道大学に入職。産学連携業務に取り組む。


■第三部 質疑応答


セミナーに申し込む



開催について

■日時
・2024年6月18日(火)19:00~20:00

■実施方法

・オンライン開催(ZOOM)/入退室自由

・参加者の機能は「視聴」「チャット」のみで、他の参加者の情報(映像・音声など)は見えない仕様です

■参加・申し込みについて

・「セミナーに申し込む」ボタンよりお申込みください
・申し込み完了後にメールにて視聴用URLを含めた当日の視聴詳細についてご案内いたします

⇒申込〆切 6月17日(月)12:00

・参加費は無料です


■お問い合わせ

運営:リージョンズ株式会社

MAIL:reserve@regions.co.jp

※営業時間 9:00~18:00(土日祝祭日及び弊社休業日を除く)


セミナーに申し込む

一覧を見る

関連情報

北海道の求人情報を検索

~

北海道の転職成功者インタビュー

一覧を見る

北海道の特色

北海道は国土面積の約20%に相当する広大な面積を有しています。都市間距離は全国平均の1.5倍以上であり、最寄りの都市までの平均道路距離は、都市の規模にかかわらず全国平均の約2倍となります。

ページトップへ戻る

業種を選択(複数選択可)

職種を選択(複数選択可)