コンサルタント紹介

高岡幸生

高岡 幸生
Takaoka Yukio

経営者の頭にある成長戦略を詳らかに
候補者満足を追求する真の転職コンサルティング

私は2008年に故郷・札幌にUターンする形で創業しました。
創業直前に地元紙が大きく記事に取り上げてくださった「優秀な道産子集まれ Uターン転職ヘッドハンティング」というキャッチコピーの記事がもとで100人から問い合わせを受けました。その3分の2が首都圏からの電話でした。「親から新聞の記事を貰ったがいちどお話したい」「新聞を定期購読していて記事を見つけた。自分もUターンしたいが可能だろうか」という電話がじゃんじゃん鳴ったのです。
これほどまでに地元に転職を希望する方が大勢いるのかと実感するとともに実際に地方への転職活動に困る候補者の方とお会いして痛感したのは流通する求人情報の少なさとそれに伴う地方への雇用の流動性の低さです。

人間だれしも自分の能力を思い切り発揮できる環境に身を置きたいと願っています。少なくとも人間は生まれながらにして創造性を発揮して自らの能力を最大限発揮したいと願う存在であるはずです。そういう意味でも自身の故郷に戻りたいのにそもそも求人が少なく選択肢が少ない状況はつらい環境であると思うのです。

これまでは「当社の成長戦略はこうだ、ゆえにこんな人を採用したい」という具合に採用はあくまで経営における課題のひとつでした。しかし今や採用戦略が経営課題の先頭に躍り出ています。
例えば中小企業の高齢化の問題、後継者が不在という問題、加えて社長が後継者を育成できたとしてもその後継者の周りにこれまでのような堅固な経営ボードが作れないという問題。人材獲得競争の激化によりその代替策が広がってきており、経営に優れた経営ボードを形成するために社外と提携をしたり、社外取締役を招くなどシームレスに経営統合する流れが加速しつつあります。こうした地方の経営の頭の中にある成長戦略をオープンにして、都市の候補者としっかりとつないでいく必要が生じています。

「地方の優良な転職先の情報を都市の生活者に提供したい、それを見た人材が心を揺さぶられ地域をまたぐダイナミックな移動をし、優秀な方が入社することで地方の企業が元気になり、優秀な方々が地域に仕掛けていくプロセスで地域が活性化する、そんな流れを本気で作ろうと思っています。」

これは私の創業の思いですがまだまだ道半ば、一歩一歩進んでいきたいと思います。

■著書 『採用を変える、組織が変わる』(2010年2月、エイチエス株式会社出版)
■講演履歴
中小企業大学校/札幌高等裁判所/札幌医科大学/中小企業家同友会/旭川地区トラック協会/富良野広域圏通年雇用促進協議会/三井住友海上きらめき生命保険株式会社/ソニー生命保険株式会社/アイエヌジー生命保険株式会社/致知出版社/日本政策金融公庫/北陸銀行/北海学園大学/北海道文教大学/天使大学/ヒューマンアカデミー

プロフィール紹介

1991年3月 北海道大学 法学部卒業
1991年4月 株式会社リクルート入社 人材開発部
1992年10月 広告事業部へ異動
1997年4月 福島営業所設立
2002年4月 札幌HR事業グループマネジャー
2004年4月 新潟支社長 兼 新潟HR事業グループマネジャー
2006年4月 狭域HRカンパニー カンパニーオフィサー
2008年5月 株式会社リクルート退社。リージョンズ株式会社設立、代表取締役就任
2009年10月 株式会社リージョナルスタイル設立に参加、同社代表取締役就任。

専門のキャリアコンサルタントがあなたの転職活動を無料でサポート!

エントリー いますぐ転職をお考えの方へ! プレエントリー いつかは転職とお考えの方へ!

ページの先頭へ

展開拠点

求人検索

地域で探す
業種で探す
職種で探す
面談会情報を探す
転職ノウハウコンテンツ
リージョナルキャリア北海道